So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

【歌詞訳】K.will「溶ける」雲が描いた月明かりOST - Part 6 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s2711241_org.jpg


引き続き現在韓国で放送中のKBS月火ドラマ「雲が描いた月明かり」の6番目のOST歌詞訳をご紹介します。それまで週に1曲のペースだったのに、この頃一週間に2曲のペースで次々とOST曲が公開されて、どこまでこのブログで追いつけるのかわかりませんが、順番に訳していきたいと思います。

今までもチョン・ドンハさんやNORAZOがOSTに参加することがあり、その都度歌詞訳をしてきましたが、あいにく視聴していないドラマであること多く、歌詞訳しながら一体どんな場面でこの曲が流れるのだろうといつも思っていました。今回はいつもと逆のパターンでドラマを視聴しながらの歌詞訳ですので、なんだか楽しくて~^^ しばらくこの話題にお付き合いくださいませ~。歌詞訳の他にドラマ10話までのネタバレを含むドラマこぼれ話を書いています。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【歌詞訳】ソン・シギョン「優しく、さようなら」雲が描いた月明かりOST - Part 5 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s2711070_org.jpg 
 
また「雲が描いた月明かり」のOST歌詞訳です。とにかくこのドラマにすっかりはまっていますので。OSTも次々と公開されていますが、歌手のラインナップが豪華です~。今回の曲を歌うのはソン・シギョンさん。甘い声で主人公である世子ヨンの心情を歌い、ドラマの雰囲気を素敵に盛り上げてくれています。ドラマでは7話からこの曲が流れてきました。それにしても今回の歌詞もちょっと悲しげなところがちょっと気になります。例によって歌詞訳の他に下手な解説もあれこれしています。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【歌詞訳】Ben「霧の道」雲が描いた月明かりOST - Part 4 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s2710889_org.jpg

またしても韓国で現在放送中のドラマ「雲が描いた月明かり」OST歌詞訳をしてみました。今回の歌は女性歌手Ben(ベン)さんがヒロインの心情を歌った曲で、ドラマに出演しているB1A4のジニョンさんが作詞作曲してプロデュースした曲です。

ジニョンさんはPRODUCE 101でも曲を作ってプロデュースしている話をちらっと聞いたことがありましたが、なかなかマルチな才能を持った人なんですね~。今回の曲もOSTの正式公開前からドラマの中で流れていた曲で、男装した内官ホン・ラオンのイメージにぴったりの曲だと思います。

歌っているベンさんは不朽の名曲でお見かけしたことがありますが、紹介記事を見つけたので訳してみました。またドラマは8話まで視聴しましたが、ドラマの感想などもあれこれ書いています。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

【歌詞訳】コミ「雲が描いた月明かり」雲が描いた月明り (月火ドラマ) OST - Part 3 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s2708558_org.jpg

これまで「雲が描いた月明かり」の中の印象的な場面で何度も流れていたコミが歌うOST曲が遂に公開されました。曲名はドラマのタイトルと同じ「雲が描いた月明かり」です。「雲」は民を、そして「月」は君主を指し、「雲が描いた月明かり」とは「民の意思で描き出した君主」という意味になるようです。これまでも数々のドラマでまず始めに思い浮かぶ曲を歌ってきたコミが歌う今回の曲は、きっとこのドラマを代表する曲になることでしょう。
この曲も日本語訳してみました。それからドラマと小説の違いについても少し書きました。また第6話の最後のシーンにこの曲が流れましたので、その場面のセリフも少し紹介しています。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

【歌詞訳】サンドゥル「心を飲み込む」雲が描いた月明かりOST – Part 2 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s27070581500_org.jpg

またまた『雲が描いた月明かり』のOSTを歌詞訳してみました。
今度は2番目に公開された曲でB1A4のサンドゥル君が歌っています。
不朽の名曲でドンハさんがよく出演していた頃から、歌の上手な人だなと思っていましたが、今回のOST曲も爽やかな歌でドラマの雰囲気ともよく合っていると思います。この曲はドラマのエンディングや予告編でよく流れているようです~。
歌詞訳と第5話予告編の紹介もしてみました^^
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

【歌詞訳】ソユ&ユ・スンウ「眠れそうにありません」雲が描いた月明かりOST-Part.1 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s2705612_org.jpg

この頃夢中になって観ているKBS月火ドラマ『雲が描いた月明かり』の最初のOSTが第1話放送翌日に公開されました。若い二人が歌う今どきの曲調は、歴史ドラマといってもフュージョン時代劇で出演者も比較的若い俳優さんを多く起用しているこのドラマの雰囲気によくあっていると思います。

ドラマは第4話まで視聴ましたが、原作とはまた違う設定とストーリー展開、そして「ポゴムマジック」と言われるほどの演技力と集中力が光るパク・ポゴムさんにすっかり目が釘付けになっています。

さて今回は OST-Part.1「眠れそうにありません」を歌詞訳してみました。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【雲が描いた月明かり】原作小説作家インタビュー記事 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

sposter1_1280_3.jpg
画像出処:KBS「雲が描いた月明り」公式サイトより 

先週月曜日(8/22)から放送がスタートしたKBS2TVの「雲が描いた月明かり」。
「応答せよ1988」を見てすっかりファンになったパク・ポゴムさんが主演を務める作品なのでとても楽しみにしていました。このドラマは元々インターネット小説だったものが紙の本として出版され、さらにドラマ化されたものです。

私は今、原作小説の全5巻中、4巻目を読んでいるところですが、ドラマは小説をそっくりそのまま映像にするのではなく、別のテンポや流れでリメイクされています。また登場人物の設定等も色々と変更されていているのでドラマではどんな展開になるのか?とても興味深く見ています。

さて、今回このブログでは「雲が描いた月明かり」原作小説の作家インタビュー記事をご紹介しようと思います。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【歌詞訳】夏別曲(カルプロジェクト、チョビン) [【K-POP】노래방(歌房)ー歌詞訳]

s2704517_org.jpg

イヒョクがバンドメンバーと一緒にソロ曲を発表した翌日、チョビンもコメディアン パク・チュニョン氏が率いる音楽プロジェクトチームに合流してトロットの新曲『夏別曲」を発表しました。とってもノリのいい曲です。チョビンの歌声はトロットで本領発揮するように思います。パク・チュニョン氏はMBC標準FMの「2時万歳」でDJをされていて、毎週月曜日の「Monday選曲」のコーナーにはNORAZOが参加しているので、お互い気心知れた仲だと思います。この曲も歌詞訳してみました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【歌詞訳】One Shot 「H.Y.U.K」デジタルシングル [【K-POP】노래방(歌房)ー歌詞訳]

s20050410.jpg

8月16日にイヒョクのソロ曲が公開されました。曲のタイトルは少し前にラジオ番組でも話していた「One Shot」。韓国語でOne Shot(원샷/ウォンシャッ)は「杯を一気に飲み干す」という意味です。日本でのソロ曲のタイトルかと思っていましたが、韓国でいつの間にか新しいレーベルUKRecords.を立ち上げ、グループ「H.Y.U.K」として発表しました。このグループ「H.Y.U.K」のメンバーは日本のファンにはすでにお馴染みのギタリストソン・ジュノさんとソ・ガンヒさんです。この曲を日本語歌詞訳してみました。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

NORAZO東京公演二日目昼の部(2016.07.11)レポート [NORAZO 公演 2016]

NORAZO東京公演二日目の昼の部のレポートです。
一日目のレポートで書き忘れましたが、今回の公演のタイトルは「THE NORAZO 【더 놀아줘: もっと遊ぼう】です。「THE NORAZO」の後ろのハングル「더 놀아줘」は「トノラジュォ」です。韓国語で「The」は「더(ト)」と表記しますし「더」には「更に、もっと」という意味もあります。「NORAZO」はグループ名としては「노라조(ノラジョ)」と表記しますが、この公演では「놀아줘(ノラジュォ)」となっています。発音が似ているのであえて「놀아줘」にして「遊ぼう」を強調しているようです。元々NORAZOは人々を楽しませる音楽をするのがコンセプトのグループですが、今回は「更にもっと!」ということで、パジャマパーティーのように「気楽に楽しく盛り上がろう」という雰囲気のライブでした。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

NORAZO東京公演一日目昼の部(2016.07.10)レポート [NORAZO 公演 2016]

今年の8月にデビュー11周年を迎える韓国の男性デュオNORAZOの来日公演が先日開催されました。大阪では梅田にあるamHALLで二日間(7/7&7/8) 4公演、東京では新大久保にあるライブホールK-Stage O!で二日間(7/10&7/11) 4公演、合計8公演という日程での来日でした。

NORAZOのライブの大きな特徴は圧倒的な歌唱力、エネルギッシュなステージパフォーマンスは当然のこととして、ファンを楽しませるために様々な趣向をこらしたステージが毎回用意されことが挙げられます。とにかくファンとの距離が近くてファンサービスが充実していること、そして普通のアーティストの場合厳しく制限される動画や画像のSNS投稿にも寛容であること、むしろファンには積極的に宣伝してほしいくらいのスタンスです。

そのため先に開催された大阪公演の様子もSNSを通して伝わってきました。それらを拝見してみると今回はなぜかメンバーがパジャマ姿になっているものばかり。一体どういう流れでこういうことになるのだろう?と不思議に思いながら公演当日を迎えました。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【歌詞訳】NORAZOサランガ(愛の歌)「1集初出演」より [【K-POP】노래방(歌房)ー歌詞訳]

昨日のラブファイターに引き続き、今回のセットリストの中でまだ歌詞訳をしていなかった曲をご紹介いたします。NORAZOのデビューアルバムに収録されているサランガシリーズの最初の曲サランガ(愛の歌)です。10年前からNORAZOの応援をし続けてきたファンの方々にとって思い出深い曲なのでしょうね~ そんなこともあって歌詞訳を控えていたのですが、思い切って私も歌詞訳してみました^^
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

【歌詞訳】NORAZO ラブファイター(4集換骨奪胎より) [【K-POP】노래방(歌房)ー歌詞訳]

NORAZOの来日公演に行ってきました~私は7月10日と11日のどちらも昼公演を見てきました^^ ライブの様子についてはまた後ほどご報告いたしますが、その前に歌詞訳から。 
日本での公演で必ず歌われる定番曲なのに、このブログではまだ歌詞訳をご紹介していなかった曲で、4集アルバム「換骨奪胎」に収録されているNORAZOの自作曲サランガ(愛の歌)シリーズ第4弾「ラブファイター」の歌詞訳です。この曲はもちろん今回のライブでもセットリストに入っていましたし、11日昼の部ではダブルアンコールで客席からリクエストされもう一度歌ってくれました。聞く人に勇気を与えるNORAZOらしさがいっぱい詰まった曲だと思います~^^ 
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

【歌詞訳】NORAZO「別れても別れません」MBCドラマ「もう一度始めよう」OST [【K-POP】노래방(歌房)ー歌詞訳]

s2695442_org (1).jpg 

NORAZOの来日公演がもう目と鼻の先というこの時期に、電撃的にNORAZOの新しい曲が発表されました。

今回もドラマOST曲です。現在韓国MBCで毎日夜7時15分から放送している連続ドラマ「もう一度始めよう」の7番目のOST曲になるようです。このドラマのことは、この曲を通して初めて知りました。ドラマ自体もまだ見ていません。どのタイミングでNORAZOのOST曲が流れるのかわかりませんが、全120話中、現在32話が放送されたところなのでまだまだドラマは続きますね~。記事の最後に紹介していますが、ドラマの「企画意図」を見ると家族愛をベースにしたヒロインのシンデレラストーリーのようです。「アルファシンデレラ」という言葉も出てきましたがどういう意味かしら?

ところで曲のジャケットはNORAZOの5集アルバム「全国制覇」の時の画像ですね。そのせいか、5集アルバムの中のイヒョクソロ曲「時間の果てで」を思い出しました。でも今回の曲は切ない別れを惜しむ歌のようです。ドラマを見ていないのでどういう状況なのか今一つはっきりしませんが。

先に歌詞訳をして、どうも主語が誰なのか分からない部分があって、その後曲を聞いて気が付いたのですが、この曲は一人の気持ちを歌っているのでなく、二人の歌なのではないかと思います。チョビンとイヒョクがそれぞれ「見送る人」と「去った人」の立場で歌っているとすると歌詞の意味が通るようです。私なりの解釈なので皆さんの解釈ではまた違う見方があるのかもしれません。

拙い訳ですが、歌詞訳をしてみました。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

テウォン氏のラジオ番組MBC「ワンダフルラジオ」 [Boohwal 関連記事]

sテウォン氏ワンダフルラジオトリミング.jpg

先日5月30日(月)からプファルのリーダー、キム・テウォンさんがDJを務める新しいラジオ番組「ワンダフルラジオ キム・テウォンです」がスタートしました。番組は毎日(月~金)夜8時30分から10時まで、MBCラジオ標準FMで放送しています。放送初日のテウォン氏は風邪のために声がいつもと違い、さらにとても緊張していた様子でしたが、もう4週目に入り、随分慣れてきた様子。ゲストとしてトークする時と違ってDJの場合、途中でCMを入れなくちゃいけないし、スポンサー紹介もあるし、リクエストやお便り募集の案内や音楽の前後には曲の紹介もあり、進行は色々大変のようで~聴いている私まで少し緊張してしまいます^^。でもテウォンさんの独特の感性で発せられる言葉もあり、プファルの色々な裏話も聞けてなかなか楽しい番組です。
ちょっとご紹介いたしますね~
   

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の15件 | -