So-net無料ブログ作成

第7話 クラシック音楽曲名リスト [【韓国ドラマ】ベートーベン・ウイルス 音楽リスト]

韓国ドラマ「ベートーベン・ウイルス」第7話のクラシック音楽リストです。


プロジェクト・オーケストラから市立交響楽団になったということで、練習施設も立派になりました。

撮影地は京畿道加平郡に2007年にオープンした「プチフランス」 サン=テグジュペリの「星の王子さま」のテーマパークです。とても美しい場所ですね。最近購入した雑誌に詳しく紹介されていました。カン・マエの指揮者室もそのまま残っているそうです。(あのメロンのようなデスクスタンドもそのままのようです)
この回あたりからドラマの絵がきれいだなあと思うことが多くなりました。 ルミが風船ガムを膨らましている所などは私の好きな場面の一つです。

もう一つの代表的なロケ地のカン・マエとゴヌの家も素敵な住宅です。「バルトハウス」という高級住宅街にあるそうです。

Y字階段もあって不思議な造りですが、現在は個人のお宅になっているそうです


そうそうこの回ではトーベンが枕を投げつけられてしまう受難シーンもありました。そうなった訳は…話が長くなってしまいますね。


それでは、音楽リストです。

【7話】

  1. ハ・イドゥンが市響団員(ジュンジン)に口答えする場面                    →交響曲第94番 ト長調「驚愕」第2楽章(ハイドン)
  2. 研究団員が廊下に出されたとき市響が練習していた曲                       →歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲(マスカーニ)
  3. 急いで階段をかけおりてどこかへ行くチョン・ミョンファン                     →歌劇「カルメン」第2組曲 闘牛士の歌(ビゼー)
  4. ゴヌがチョン・ミョンファンの前で吹いた曲                          →熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ)
  5. ゴヌの運転する車の中で流れていた音楽                            (カン・マエがガムを要求する場面)                              →歌劇「蝶々夫人」第2幕アリア[ある晴れた日に](プッチーニ)
  6. ゴヌの運転する車の中でかけたCDの曲                            (カン・マエがガムを吐き出す場面)                                 →チェロ協奏曲第2番 ニ長調 作品101 第2楽章(ハイドン)
  7. ルミの前で口パクするカン・マエ                               →世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」第21曲 In trutina -心を天秤にかけて (オルフ)
  8. ルミに賞味期限切れの飴(ガム)を渡すカン・マエ                         →交響曲第7番 イ長調 作品92 第2楽章(ベートーヴェン)
  9. ゴヌの採譜した楽譜を見つけたカン・マエ                           →ミゼレーレ(詩篇51憐れみ給え) イ短調 K.85(モーツァルト)
  10. ゴヌの音感をテストし動揺するカン・マエ                           →ミゼレーレ(詩篇51 憐れみ給え)イ短調 K.85(モーツァルト)
  11. 部屋で公演のDVDを見るルミ                                 →ガブリエルのオーボエ(エンニオ・モリコーネ)
  12. 散歩に行く前にカン・マエにかかって来た電話の着信音                 →Beethoven VirusBanya編曲)*原曲ベートーヴェン ピアノソナタ(悲愴)3楽章
  13. ミョンファンではなく、カン・マエの元に戻るゴヌ                        →交響曲第5番 第1楽章(ベートーヴェン)*OST track.01 運命
 

この回で印象に残った音楽は…

リスト№2「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」とリスト№8ベートーヴェンの交響曲第7番第2楽章です。

「カヴァレリア~」を聴く度に私はなぜか宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い出します。

また「ベト7」も好きな交響曲の一つでして、こんな所で聴けて嬉しかったです。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。