So-net無料ブログ作成
検索選択

第9話 クラシック音楽曲名リスト [【韓国ドラマ】ベートーベン・ウイルス 音楽リスト]

9話の音楽リストです。
今回はいつもより曲数は少なめで、音楽よりも台詞の回だったようです。

特にカン・マエの「못하겠습니다.モッタゲッスムニダ」「(謝罪)出来ません」の後の台詞が良かったです。

団員との約束内容も、カン・マエの目指しているものを明確に示すところも。素晴らしいリーダーだと思いました。


では、音楽リストです。


【9話】

 

  1. 9話冒頭で練習していた曲
    →交響曲第9番 ニ短調 作品125(合唱付き)第2楽章(ベートーヴェン)
  2. ゴヌのケータイ着信音
    →ヴァイオリン協奏曲作品8-4 四季より冬 第1楽章(ヴィヴァルディ)
  3. ガビョンの家で、ヒヨン、ヨンギ、イドゥンに協力を求めるルミ
    →ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 K.417 第3楽章(モーツァルト)
  4. 以前オーディションしたものをもう一度聴こうとヒョックォンがかけた音楽
    →ツィゴイネルワイゼン作品20(サラサーテ)
  5. ゴヌの指揮者服を誂えに来た「MAESTRO」でかかっていた音楽
    →常動曲 作品257(ヨハン・シュトラウス2世)
  6. 市響が練習していた曲
    →交響曲第9番 ニ短調 作品125(合唱付き)第4楽章(ベートーヴェン)
  7. カン・マエの誕生祝い
    Happy Birthday to You(作曲:Hill姉妹 / 原題:Good Morning to All
  8. ルミが部屋で練習していた曲
    →ヴァイオリンソナタ 第5番 ヘ長調 作品24(春)第1楽章(ベートーヴェン)
  9. カン・マエの楽屋にサインを貰いに来たルミ
    →星の光(*OST未収録曲)


先日読んだ本「証言・フルトヴェングラーかカラヤンか」の中で、元団員のこんな話が載っていました。
『私たちは現在、お互いに分かり合い、やさしく親切にすることばかり考え、問題になりそうなことは決してしない。何かを他人に要求するなど、とてもできない。要求するには、自信がいる。その自信が、今のリーダーには欠けている。』

ここを読んだ時、カン・マエの9話の謝罪撤回シーンを思い出しました。
カン・マエは音楽に関して絶対の自信があるから、団員に対して厳しい要求もできるのですね。
そして、タダで演奏しない。音符一つ、ピーという音一つにも報酬を支給するという約束も、団員たちにしてみれば、カン・マエに言われるまで自分達がそこまで要求できることに気付かずにいたのかもしれませんね。

됐지? 이제 울지마. テッチ、イジェ ウルチマ」 (これでいいだろ?もう泣くな)
団員たちへの謝罪撤回の後に廊下でルミを呼び止めたカン・マエの言葉です。直前まで文面どおりに謝罪するつもりだったカン・マエでしたが、ルミの姿を見て自分のポリシーを貫こうと決めたようです。


とにかく、団員たちとも和解し、公演に向けて練習が再開しましたが、今度は悪天候に見舞われて…またもや公演直前に問題が発生したようです。

音楽リスト№7の誕生日の歌と№8のベートーヴェンのヴァイオリンソナタ「春」については別の機会に「aboutクラシック」から記事を紹介するつもりです。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。