So-net無料ブログ作成
検索選択

日本版DVD 第10話 クラシック音楽曲名リスト [日本版DVD ベートーベン・ウィルス 音楽リスト]

先日たまたまTVをつけたら、オケがベートーヴェンの第九を演奏している…そのうち、指揮者の現田茂夫氏が出てきて!!番組表をみるとNHKの『にんげんドキュメント がんこ先生とぼくらのハーモニー 佐治薫子』の再放送でした。10歳から20歳までの160名の団員で構成される「千葉県少年少女オーケストラ」のドキュメンタリー番組のようです。

この佐治薫子先生からかつて現田氏も指導を受けたのだとか。当時の映像が少し出ましたが、現田少年の目がとても真剣でした。オケのメンバーはよく見ると本当に小さな子供たちもいて、そんな子たちが「第九」に取り組んでいる姿に驚きました。ベートーヴェンの『エグモント序曲』も練習していましたよ。

途中から見たのがとても残念!練習では楽譜を見ない訓練をしていました。本番当日、楽譜を見ないで指揮者を見つめながら演奏する子供たちの澄んだ目の美しいこと。実は合唱団と一緒に練習することはなかったそうです。でも指揮者を真剣に見つめることで、問題はありませんでした。

番組初めの部分を見逃したのですが、この先生も練習がとても厳しい方のようです。「ベートーベン・ウイルス」の「第九」の練習では厳しさに耐えられない人々が続出しましたが、あれは大人のプライドのせいでしょうか?

それでは、音楽リストです。
韓国版やテレ東版の音楽リストはページ左側のサイドバーにあるIndexからご覧下さい♪

【日本版DVD第10話】◆韓国版と違う箇所

  1. ゴヌのケータイ着信音
    →ヴァイオリン協奏曲作品8-4 四季より冬 第1楽章(ヴィヴァルディ)
  2. ◆チェ議員のポケットから落ちた市響団員の経歴文書を拾って見るカン市長
    BGM差し替え
  3. ◆水害被災民たちと団員がトラブルになった場面
    OST未収録曲に変更
    *韓国版もOST未収録曲ですが別の曲(17話冒頭)です。
  4. ゴヌがルミに電話のことで「嘘をついているのではないか」と言う場面~楽屋でベートーヴェンの肖像画に向かって怒りをぶつけるカン・マエ
    →交響曲第9番 ニ短調 作品125(合唱付き)第4楽章(ベートーヴェン)
  5. ◆被災民リーダーとその子供、そしてカン・マエのシーンで子供に退出を促す場面から
    OST未収録曲(2話でカン・マエとトーベンが初めて出会った場面で流れる曲)を使用
    *韓国版はBGMなし
  6. 車を運転中のゴヌの携帯着信音(ルミの携帯だけど…)
    →ヴァイオリン協奏曲 作品8-4 四季より冬 第1楽章(ヴィヴァルディ)
  7. ◆開演前のホールでの市長とチェ議員の場面
    BGMなしに変更
  8. 舞台裏の扉前で指揮棒を落としたカン・マエ
    →交響曲第5番 第1楽章(ベートーヴェン)*OST
    track.01 運命
  9. ソンナン市立交響楽団 創立記念演奏会 1曲目
    →歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲(ミハイル・グリンカ)
  10. 公演2曲目
    →歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲(マスカーニ)
  11. ◆公演休憩時間、市長が編集長に「もし第九に合唱がなかったら…」と質問する場面
    →別の音楽に変更
  12. 公演第2部
    →交響曲第9番 ニ短調 作品125(合唱付き)第1楽章(ベートーヴェン)
  13. カン・マエとの会話を回想しながらTV画面の公演映像を見る被災者のリーダー
    →交響曲第9番 ニ短調 作品125(合唱付き)第2楽章(ベートーヴェン)
  14. カン・マエと母の回想シーン→交響曲第9番ニ短調 作品125(合唱付き)第3楽章(ベートーヴェン)
  15. 少年カン・マエが扉を開けて入っていく場面
    →交響曲第9番 ニ短調 作品125(合唱付き)第4楽章(ベートーヴェン)
  16. ◆指揮者室で気を失っているカン・マエをゴヌが見つける場面
    →交響曲第5番 第1楽章(ベートーヴェン)OST
    track.01 [運命]に変更
    *韓国版はOST track.06[挑戦]を使用
  17. ◆公演打ち上げバーベキュー会場で流れるBGM
    OST track.15[ときめき]に変更
    *韓国版は別の音楽を使用
  18. ゴヌに100日記念の告白をさせようとする場面で団員たちが演奏した曲
    →愛の挨拶  ホ長調 作品12(エルガー)
このドラマは仮病を使うと本当にそうなるジンクスがあるようで…先日、コメントをいただいた時に思ったのですが、水害被災民たちと団員がトラブルになった場面で、カン・マエが登場して、強引に「全治3週間」の怪我を示談して無事解決していました。口から出まかせの「全治3週間」、実は本当にその位の怪我をしていましたね。この怪我は4話とも繋がっていると思いますが、いい加減なことは言えませんね。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
真琴

花かんざしさん、おはようございます!

ペバ、国際ドラマフェスティバルで特別賞受賞のようです。韓国で記事が出ていました。
http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2009101414172062608&type=1&outlink=1

ジアさんのホームページにも訪日の記事が出てましたので、18日来日20日帰国予定のようです。脚の怪我が治ってないみたい(プサン映画祭で手をひいてもらってました。でもなぜハイヒール??)なのでちょっと心配ですが、以前の記事では監督とご一緒のようです。

とりいそぎ失礼しました~!またきま~す♪
by 真琴 (2009-10-17 10:21) 

花かんざし

真琴さん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。

そして情報ありがとうございます。
なかなか日本の公式サイトに情報が出ないな~と思っていましたが、
私も今日、特別賞の確認ができました。
http://nab.or.jp/drafes/invitation/index.html

中国、インド、韓国、マレーシアのドラマ4作品が特別賞なんですね。
上映会では、監督のインタビューもあるそうですが、そこにジアちゃんも同席されるということでしょうか。
公式サイトのブログでは先日の「コリアドラマアワード」の様子も紹介されていますし、「ベバ」のことも少し書かれていますね。記事に注目してみますね。

ジアちゃん、お怪我が完治していないのですね。
衣装にあわせてヒールの高い靴を履かなければならないこともあるのですね><
足元に気をつけながら、日本で楽しい時間を過ごしてもらいたいです。

by 花かんざし (2009-10-17 14:30) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。