So-net無料ブログ作成
検索選択

NORAZO 5集「Mother of mine」歌詞訳 [【K-POP】노래방(歌房)ー歌詞訳]

NORAZO5集アルバムは「家族」がキーワードの曲が多い気がします。「親孝行」もそうですし、「祝日(赤い日)」も歌詞の中に「両親の日」が出てきます。「キムチ」にもお母さんが出てきますね。ペットも家族の一員だとすると「モンモンイ(わんちゃん)」も同じグループになるでしょうか。

5集アルバム紹介文の中ではこの曲のことを『普段は気が付かなかった母の大切な愛を入隊を通して知ったすべての人の両親に向けたNORAZOだけの新感覚の曲』と紹介していますが、まさに息子から母への愛を伝える素敵なバラード曲です。

余談ですが、家族がテーマのバラード曲にはこれまで
NORAZO 4集の「兄(ヒョン)」、イヒョク氏のソロ曲「父(アボジ)」がありますが、これに続くチョビン作詞作曲のバラード曲になりますね。ついでに2集に「姉(ヌニム)」もあるので、あと残るは「妻」や「子供」かな(笑)

ところで、ご存じの通り韓国には徴兵制がありますね。応援している俳優や歌手が現在兵役中、または入隊間近という方もいらっしゃるでしょう。(ちなみに
NORAZOの二人は既に兵役を終えています。)なぜ韓国この制度があるのか考えることも私たちにとって大切なことのような気がします。



Mother of mine
 NORAZO 5集「全国制覇」 Track.08
作詞:チョビン、イ・ヨンジュン
作曲:チョビン、
LiO
編曲:Ultra Jay

タニョオゲッスムニダ ソドゥルロソ ナワッチ
다녀오겠습니다 서둘러서 나왔지
行ってまいりますと 足早に出てきたよ

トラボジド モッテ オンオン ウルカボァ
돌아보지도 못해 엉엉 울까봐
振り返ることも出来ず おいおいと泣いているだろうか

イニョントンアン ボルス オプタゴ 
2년동안 볼수 없다고
二年間も会えないよと

タンシニ モッチェンギンダゴ
당신이 못챙긴다고
あなたが(私の)身の回りのお世話ができないからと

アップジ マルラゴ ピョンジハラゴ
아프지 말라고 편지하라고
つらく思わないで 手紙を書きなさいよと


コッ クロルケ チャル イギョ ネボルケ
그럴께 이겨 내볼께
必ずそうします ちゃんと耐えてみせます

ナ セサラムドェルケ
새사람될께
僕は新しい人間になりますから

コクチョンハジマ コンガンハゲマ ニッソジョ
걱정하지마 건강하게만 있어줘
心配しないで 元気でいて下さい

コマプタヌン フンハディ フナン マル ウェ オムマエゲマン
고맙다는 흔하디 흔한 , 엄마에게만
「ありがとう」というありふれた言葉 どうしてお母さんにだけ

マニ アッキミョ サラワッスルカ フフェガドェ
많이 아끼며 살아왔을까 후회가돼
出し惜しみして生きてきたのか 悔いが残るよ


オムマ チャンソリ テメ トッパロ コロソ
엄마 잔소리 땜에 똑바로 걸어서
お母さんの小言のお蔭で まっすぐに歩いたから

アジュ ナップン サラムン ドェジ アナッソ
아주 나쁜 사람은 되지 않았어
悪い人にならなかったよ

プジョカン ウリチプ シルタゴ ウォンマンド ヘッチマン
부족한 우리집 싫다고 원망도 했지만
貧しいこの家が嫌だと恨み言も言ったけど

イジェヌン オヒリョ カムサヘハヌンゴル
이제는 오히려 감사해하는걸
今はむしろ感謝しています


オリョッスルテ ウェ オムマ マウムル
어렸을 엄마 마음을
幼い頃はどうしてお母さんの気持ちを 

ナン モルラッソッスルカ
몰랐었을까
僕は分からなかったのだろうか

チョリ オプコ タンジ オリョッスル
プニルカ
철이 없고 단지 어렸을 뿐일까
分別なく ただ幼かっただけなのか

サランハンダン フンハディ
  フナン マル  ウェ オムマエゲマン
사랑한단 흔하디 흔한 , 엄마에게만
「愛しているよ」というありふれた言葉 どうしてお母さんにだけ

マニ アッキミョ サラワッスルカ フフェガドェ
많이 아끼며 살아왔을까 후회가돼
出し惜しみして生きてきたのか 悔いが残るよ


イジェヌン オムマ ネガ コッ チキョジュルケ
이제는 엄마 내가 지켜줄께
これからはお母さんのことを 僕がきっと守ってあげるから

モドゥンゴ ネガ タジュルケ ウォ~~
모든거 내가 다줄께 ~~
何もかも僕が全部あげるから ウォ~~


♪間奏♪


アプジマ ナランマン サラ ナ チョンマル チャラルケ
아프지 나랑만 살아 정말 잘할게
苦しまないで 僕とだけ暮らして 僕は本当にちゃんとするから

オレオレ オレオレ ヨンウォントロク
오래 오래 오래 오래 영원토록
いつまでも いつまでも 永遠に

クンソリロ ナ チグム マラルレ ナ オムマ サランヘ ウォ~
큰소리로 지금 말할래 엄마 사랑해 -
大声で僕は今こそ言うよ 僕はお母さんを愛しているよ ウォ~

オディド カジマ ネ オムマヤ~~
어디도 가지마 엄마야~~~
どこにも行かないで 僕のお母さん~~


◆単語ノート◆
챙기다(チェンギダ)…面倒を見る、世話をする ☆辞書には①取りまとめる、取りそろえる ②整理する、片付ける、しまう ③飲食物の準備する、膳立てをする ④(俗語)人のものをかすめる、着服する・・・と書かれています。様々な場面でよく使われる言葉のようなので覚えておくと便利なのかも。
부족한
집(プジョッカン チプ)直訳で不足した家ですが、経済的に乏しい家つまり貧しい家。
철이
(チョリ オプタ)…철とは分別、物心、わきまえのこと。これがない状態なので、分別がない、頑是ない、聞き分けがない、大人げない、幼稚であるという意味


◇たぶんこれが今年最後の記事更新になると思います~結局Desperado」の和訳と「Bugsのインタビュー記事訳」は来年に持ち越しになってしまいました(汗)

本当にこの一年もたくさんのご訪問ありがとうございました

来年もマイペースで頑張ります。


nice!(0)  コメント(6) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
achico

花かんざしさんのブログを知れて良かったです☆
そのおかげで、ノラジョの事もっと好きになれました(^_-)
あたしも韓国語の勉強もっと頑張ります(^-^)v
もう、すぐそこまで迫ってきたノラジョのコンサートを楽しみにしつつ…歌覚えなくちゃ(笑)
ノラジョの魅力をたくさん教えてくれてありがとうございます!!
勝手にですが…来年もおじゃまします。どうぞよろしくお願いします。
よいお年をお過ごしください。
새해 복 많이 받으세요~(^-^♪
by achico (2011-12-30 00:25) 

花かんざし

achicoさん、おはようございます!
コメントありがとうございます~♪

そしていつも嬉しいお言葉ありがとうございます^^
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします~

コンサート準備、頑張ってくださいね!
どうぞ良いお年を♪

by 花かんざし (2011-12-30 07:40) 

kero

大変、目が洪水・・・

初めて聞いた時からとても気になっていた曲でした。
タイトルや、ところどころ聞き取れた単語から、少しだけ想像してましたが、“入隊”までは考えていませんでした。
最近いろいろ思うことがあり、お母さんだけでなく身近な人たちの大切さをとても考えるようになりました。
これからもこの歌を聴くたびに、忘れかける気持ちを思い出させてくれるかな~って思います。

たぶん今年最後のパソコンタイムに、ステキな時間を頂くことができました。
ありがとうございました。

どうぞよい年をお迎えください^^
by kero (2011-12-31 01:45) 

花かんざし

keroさん、おはようございます!
コメントありがとうございます~^^

大晦日!2011年の最後の日になりましたね~
この一年、keroさんにお会いできてとても嬉しかったです~~

2011年は早かったような、長かったような
特に震災でこれまでにない経験をし
当たり前の大切さに気が付きました。
それと「いつでも準備しておくこと。」これも何度も思いました。
別に防災用品の話だけに限らず、
いつ何が起こっても慌てない、心の準備のことです。

この歌の中にも
どうして普段から感謝の言葉を伝えておかなかったのだろう
という意味の歌詞がありますね。
「後悔先に立たず」という言葉もありますが、
今この時を大切に日々過ごしていきたいと思います。
この歌はそういう気持ちを思い出させてくれる歌になりそうです^^

この一年本当にありがとうございました!
明年もkeroさんにとって素敵な一年になりますように♪

by 花かんざし (2011-12-31 08:50) 

akkoimunida

いつもこっそりと拝見させていただいてます。通勤の電車の中で訳を見ながら曲を聞いていて、情景が浮かんでしまい涙が出てしまいました。入隊する時は、みんなこんな気持ちなんでしょうね。
by akkoimunida (2012-02-07 08:57) 

花かんざし

akkoimunidaさん、はじめまして!
いつもご訪問ありがとうございます~
今日はコメントまでいただき本当に嬉しいです^^

この歌は曲もいいですし、さらに歌詞が本当にいい曲ですよね~
入隊の日の朝、涙をこらえて玄関を飛び出す青年の姿と
息子の部屋で座り込んで涙する母の姿が浮かんできます~

たまたま入隊のことを歌っていますが、
親子の別れはこれだけではありませんね。
こんなにも切ない気持ちになるのは
きっと誰にでも思い当たることがあるからなんでしょうね~

by 花かんざし (2012-02-07 13:18)