So-net無料ブログ作成
検索選択

【応答せよ1994】14話「僕を変えた人々Ⅰ」 [【韓国ドラマ】応答せよ1994]

 s応4ガイド14話.jpg
 
[2013.12.06 放送]
ハグしてというナジョンにキスしたスレギ。ナジョンを食事会に連れて行き紹介する。
そんなナジョンをじっと見つめていたチルボンも勝負はまだ終わっていなかったことが知れる。
一方いつも自信満々だったヘテを緊張させる苦難の軍隊生活が始まる。

[2013.12.06 방송]
안아달라는 나정에게 키스한 쓰레기, 나정을 모임에 데리고 나가 소개한다.
그런 나정을 묵묵히 바라보던 칠봉도 승부는 아직 끝나지 않았음을 알린다.
한편 항상 자신만만했던 해태를 긴장시키는 고난의 군대 생활이 시작된다.
 
s14-26タイトル.jpg

【応答せよ1994】14話「僕を変えた人々Ⅰ」のナレーション

<その1 ヘテ>
その日で僕の軍隊生活が終わると思った
先輩たちに怒られるのが怖いのではなく
今僕の肩の上の45キロ完全軍装に耐える自信がなかったためだ。

<その2 ヘテ>
ありふれた話として階級は花札に興じて得るものではないと言う。
バカみたいで天下の役立たず人間だとばかり思っていたチェ兵長、
その人が若い僕の価値観を変えた。
やってみない事には分からないことがあるということ。
行ってみないことには見えない視野があるということを、
彼は気づかせてくれた。
そしてさらにもう一つチェ兵長が僕に教えてくれたもっと大切な教訓は....?
厳しい組織社会で経験と時間が教えてくれる一番大切なことは、
生存のための融通性だと僕は悟った。

<その3 ナジョン>
家族をものともせず環境に耐え抜きついに叶えた夢はカッコいいものだ。
私たちの多くは自分の愛する人々をとても踏み台にすることは出来ず
ついには自ら夢をあきらめてしまう。
けれど大丈夫。
大したことないドラマチックな成功談ごときにしょげ返って
自ら挫折と敗北感に閉ざされる必要はない。
私たちには夢と同じ位人も大切だっただけだ。
私の愛する人のため自分を変える決断、
割といいし格好いいことだ。 


【응답하라1994】14화 나를 변화시킨 사람들Ⅰ 

-해태 나레이션 -

이 날로 내 군생활이 끝나는 줄 알았다.
선임들에게 혼나는 것이 두려워서가 아니라
지금 내 어깨 위에 45kg 완전군장을 버텨낼 자신이 없었기 때문이다.

흔한말로 계급은 고스톱을 쳐서 딴게 아니라고 한다. 
병신같았던, 천하의 쓸모없는 인간인 줄로만 알았던 최병장 
그 인간이 내 젊음의 가치관을 바꿔 놓았다. 
해 보지않고서는 깨닫지 못하는 일들이 있다는 것.. 
가보지 않고서는 보지 못한 시야가 있다는 것을.. 
그는 일깨워주었다. 
그리고 또 한가지 최병장이 내게 가르쳐준 더 큰 깨달음은.. 
냉엄한 조직 사회에서 경험과 시간이 가르쳐주는 가장 소중한 것은, 
생존을 위한 융통성이라는 것을 난 알게 되었다.

-나정 나레이션-

가족을 무릅쓰고 환경을 이겨내어 마침내 이뤄낸 꿈이란 폼나는 법이다.
대부분의 우린 내 사랑하는 이들을 차마 밟고 일어설수 없어 
끝끝내 스스로 꿈을 내려놓고 만다. 
하지만 괜찮다. 
얼마 되지도 않는 드라마틱한 성공담 따위에 기죽어 
스스로 좌절과 패배감에 휩싸일 필요는 없다. 
우리에겐 꿈만큼이나 사람도 소중했을 뿐이다. 
내 사랑하는 사람을 위해 나를 바꾸는 결단
꽤, 괜찮고 폼나는 일이다...

◆単語ノート◆
・흔하다(フナダ)…ありふれている どこにでもある  ざらにある  珍らしくない.
・고스톱(コストプ/go stop)…花札のゲームの一種 
・융통성(ユントンソン)…融通性
・무릅쓰다(ムルプスダ)…押し切る 冒す 顧みない ものともしない
・폼나다(ポムナダ)…폼(form/格好)+出る=カッコいい
・밟고 일어서다(パッコ イロソダ)…踏んで立ち上がる⇒踏み台にする
・끝끝내(クックンネ)…ついに とうとう
・기죽다(気——/キジュクタ)…ひるむ しょげる 気が引ける くじける 悪びれる 滅入る ビビる
・꽤(クェ)…かなり よほど ずいぶん 割りと 割合に 比較的 やや

◆以下ネタバレです◆

<2013年ナジョンの家>
s14-01.jpg
会費の話をしていましたよ
妻のユンジンではなく夫のサムチョンポが家計を管理しているようです

14-02-出前.jpg
ナジョンはデリバリーのチラシをこのようにきちんとノートにまとめてますよ~
 
14-04出前焼酎だめ.jpg
チルボンが出前の電話をかけてナジョンの家の住所を詳しく説明しています
これは夫探しの有力なヒントになるのかな~
焼酎も頼んで~といったスレギをナジョンが激しく怒って取り消します

<1995年の夏>
s14-07.jpg
お互いの気持ちが通じ合った後
二人で洋食を食べにいきます

14-09-電池外し.jpg
ひっきりなしにナジョンのポケベルが鳴ります
出た!電池外し!
ユンジンにポケベルを鳴らすように打ち合わせしていたけれど
予想外の展開になったものね

14-14レストラン.jpg
こうなっている間

病院では
14-12ピングレとチルボン.jpg
ピングレが元気のないチルボンに話しかけます

ピングレ「ナジョンのせいだろ?下宿のみんなも知っているよ。お前がナジョンを好きなこと。
諦めろ。ナジョンは先輩が好きだ。まだ先輩はナジョンの気持ちを受け入れてないようだけど。それも時間の問題だよ。」

チルボン「わかってる。先輩もナジョンが好きだ。僕に言ったよ。自分もナジョンが好きだと。」

ピングレ「じゃどうするつもり」

チルボン「どうするって? 待たなければ。今が時期でないのなら、待つしかない。諦めない。」

14-22お見送り.jpg
下宿まで送ってくれたスレギ
すっかりラブラブ~~

<1996年1月>
軍隊に行ったヘテから初めての手紙が届いた
サムチョンポが代表して読みます
14-27-ヘテ.jpg

「懐かしく愛する友よ、お元気ですか?
コーチ様、お母さんもお元気でしょうか? 私はとても元気にしています。
私がいるここ江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)はとても寒いです。
内務班の仲間たちがよくしてくれて、もう徐々に軍生活にもなじんできてこうして久しぶりペンを取っています。
みんな私の心配をしてくれていると思いますが、思ったほど大変ではありません。
確かに下宿で食べたご飯よりずっと下ですが、今では残飯も口に合います。
ところが、たった一つだけ全く慣れないことがあります...」

ヘテがいるのは江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)21師団 白頭山部隊

「彼らがいなかったらどうやって軍隊が回って行くのかと思う程一日中働く一等兵たち、
口に雑巾をくわえてるのか一日中悪口ばかり言っている上等兵たち、
そして一番の問題はこの人…」 

14-30チェ兵長.jpg
チェ兵長!

この方はtvNドラマ「푸른거탑(青い巨塔)」で末年兵長チェ・ジョンフン(최종훈)役で出演していたチェ・ジョンフン氏。
同じ局の番組でしかも同じ時期に撮影してたようで~
このドラマを見ていたり、他局の軍隊系のバラエティ番組を見ていたらもっと楽しめたのかも。

でもNORAZOのチョビンは大いに共感して見ていたのではないかしら?確かヘテと同じ1995年夏の入隊だったはず。

ところで、このドラマ人気なのかシリーズ化しているようで、「青い巨塔」「青い巨塔ゼロ」「青い巨塔リターンズ」があるようです 
応4が放送されていた頃は「青い巨塔リターンズ」も放送されていたようですね
番組HP↓
青い巨塔+青い巨塔リターンズ http://program.interest.me/tvn/bluetower

それで色々見ていたら 「青い巨塔ゼロ」の登場人物中にプファル元ボーカルのパク・ワンギュ氏を発見!
残飯を収集する養豚業の社長という設定で下の動画では「残飯分類ソング」を披露してます~
짬(チャム)は残飯だけでなく暇、隙間の意味もあるようですね~

参考動画「青い巨塔ゼロ パク・ワンギュ登場」↓
思わぬ掘り出し物でした~~

<ヘテの手紙の続き>
「問題は彼らと一つの軍隊で24時間顔を突き合わせて暮らさなければならないことです。
私がこれから彼らと一緒に過ごすことを考えると涙で前が見えません。
外は冷たい風が吹いています。こんな寒くて寂しい夜に思い出すものがあります。
호빵/ホッパン/あんまん
今までそれ程食べたいものではなかったのに、ここに来たらすごく食べたくなりました。」

その頃新村下宿では
s14-35.jpg
『호빵/ホッパン/あんまん』
皮がなぜかビリビリ…

s14-37.jpg
チルボンは近く日本へ行くようで今日は下宿の送別会
今日が最後の夜になるのに
スレギ兄さんは顔を見せに来ないのかというサムチョンポ

スレギは母方のいとこが病院に入院したのでそちらの病院に行ったのだった
その子はソテジの大ファンの高3ですが、ちょっと心の病気?
ソテジの家の塀を乗り越えて両足を骨折したとか

14-38-いとこ.jpg
音楽番組の1位をテレビが伝える前に声に同じ言葉を出していた
たまたま偶然なのか予知能力があるのか

スレギの恋人の特徴を次々にあげるが全部当ってる~~
「妹 4歳下 94年度入学 コンピューター工学科 おかっぱ頭 背が高い バストは80B..」

「最初は彼女の方が好きだったけれど、今は兄さんの方がもっと好きだね」

<新村下宿>
14-42-ソテジ.jpg
そのいとこがどうしてソテジの家の塀を乗り越えたのかというと
ソテジが下が白で上が青いヘリコプターに乗って遠くへ行ってしまう夢を見たからだとか

複雑な表情のユンジン

14-45-いとこの予言.jpg
病室でソテジの話をしています
その夢は新曲が出る兆しの夢ではなく、今回は本当に行ってしまうのだと言っています
確かに1996年にソテジは突然解散しアメリカへ行きますよね

大学に行かないといういとこに勉強をちゃんとしろというスレギ

ここでこの子が気になる予言を!
 
「兄さんはじきに彼女と別れることになる
他の男に奪われることになる!
一緒にいる時ちゃんとしてあげな!」

またまた新村下宿
2000年問題について心配しています
14-49-2000年問題.jpg
 
そういえばありましたね~~2000年問題
当時は西暦を下二桁だけで表示している場合が多かったので
99年12月31日から00年1月1日になった瞬間に2000年と認識できず
コンピューターが誤作動するのではというもの
 
そのためナジョンは日付が変わった瞬間、
色々な誤動作が起きて最終的に地球が滅亡するのではという心配をしています
そこでサムチョンポの提案で1999年の12月31日の夜 
ここに皆集まって一緒に日付が変わるのを見届けようと言う約束をします 

そしてまたまたユンジンの爆弾発言
ナジョンは昨日スレギとキスしてた話を暴露(見てたのね~) 
チルボンにも知れてしまった・・・

部屋に戻ったチルボン
14-51-チルボン.jpg
大切にしまってあるボール
「持って行くのか」というピングレに
「いや、あげる人がいる」と言うチルボン

ピングレがチルボンに
「ナジョンには話したのか」と聞きます。
「僕たちはこれからも会って一杯やることもあるだろうが
ナジョンとは今日が最後の夜になりそうだから」と

ナジョンに話をすることにしたチルボン

s14-55.jpg
こちらはスレギとお電話中
ぬいぐるみの位置をチェック

s14-56.jpg
スレギの医大先輩たちも来る食事会にナジョンも一緒に参加することになっているようです
ちょっと不安な様子のナジョンだけど俺の横にくっついて黙っていたらいいと言うスレギ

<軍隊>
TVでは흥보가 기가 막혀(フンボガ キガマッキョ/フンボはあきれた)という曲が流れています~
歌っているのは육각수(六角水/ユッカクス)という男性デュオ
흥보(フンボ)とは韓国の昔話の「フンブとノルブ」のことのようで 
기가 막혀は「呆れてものが言えない」とか「開いた口がふさがらない」と言う意味
こんな曲↓ これも一度聞いたら忘れられない強烈な歌ですね

もっと探したらこんなのまで
無限挑戦の歌謡祭船上パーティ(2013年)でチャン・ギハとハハが「フンボはあきれた」を歌ってます 
ユニット名は「セブンティフィンガーズ」だそうで
動画↓

なんだか横道にそれてばっかりですね~~
 
ドラマに戻って
14-57-フンボはあきれた.jpg
また例の兵長が面白いことをしています
インスタントコーヒーを
コーヒーとクリープと砂糖に一粒ずつ分類
まさに기가막혀(キガマッキョ/ あきれて開いた口がふさがらない) 

14-60-最後だから.jpg
ナジョンが読んでいるのは
これもまた何かを暗示しているのか
漫画「인어공주를 위하여」(人魚姫のために) 作:イ・ミラ

そこへチルボンがやってくる
最後の夜だから一杯つきあって
 
14-67-かなへ.jpg 
両親に挨拶したのか 荷造りはちゃんとできたのか
あれこれ絶え間なく話を続けるナジョンと
そんなナジョンをみつめるチルボン

チルボン:僕が気まずくないか?
ナジョン:気まずいし、ぎこちないけれど、嫌いではないから
  私、あなたがTVに出るたびにびっくりしてる
  わ~あの人、うちの下宿人で合ってるよね~ チルボンで合ってるよね~~
  話も上手で運動神経もよくてすごく人気もあって、完全にスターだわ
  私たちと一緒にいる時はわからないけれど、
  一度ニュースに出ているのを見た時 本当にスターのようだった 有名人
  あなたは日本にいってもちゃんとやれるはず
  日本の選手たちもあなたのことを気に入ってくれるはず

チルボン:行ってもすぐ戻ってくることになるかも

ナジョン:ううん、それは絶対にない あなたは文句なしにちゃんとやれるはず

チルボン:どうして?

ナジョン:あなたがうちの下宿で一番大人っぽくて、やさしいじゃない

チルボン:やさしいからだめになったじゃないか
  やさしいからだめだった やさしすぎて 
  好きな女がいてもまともにアタックもできず…バカだよ…
  君にいった言葉じゃない 自分にいった言葉さ

14-71雪.jpg 
ナジョン:준아(ジュナ) 雪が降ってる 外 雪が降ってる
 
ナジョンがチルボンのことを준아(ジュナ)と呼ぶのが珍しくて
それまでは칠봉이 (チルボンイ)とか 봉아(ボンア) だったので 

14-77-次に会ったら.jpg
チルボン:ナジョン もし万が一
いつになるかわからないけれど
何年か後に僕たちがまた出会ったら
そしてその時 隣に誰もいないのなら
その時は
僕と付き合って
 
s14-83.jpg 
ナジョンは犬ではなくゴリラの方が好きで~

BGM:한사람을 위한 마음(一人のための心) – 이오공감(25共感)<이승환 오태호/イ・スンファン&オ・テホ>
ドラマシーン↓(雪が降るまで)

BGM :우리 이렇게 스쳐보내면(私たちこうしてすれ違っていると) 015B 
ドラマシーン↓(雪が降ってから)
http://youtu.be/XH-9wLrNYcQ

【追記10/18】雪が降ってからの場面のBGMが日本放送版では
⇒また再び愛が(또다시 사랑이)<부활12集Part1> 歌:チョン・ドンハ

<ロケ地情報>
14-63カナロケ地Ⅰ.jpg
日本風居酒屋「かな/카나」
마포구 용강동 43-7번지
서울 마포구 토정로 303 
画像出処:上、中=ドラマキャプチャー 
下:Daum지도より
 
14-76かなロケ地2.jpg
画像出処:上=ドラマキャプチャー 
下:Daum지도より

14-85-学費.jpg
銀行で記帳するピングレ
実家からきちんと学費が振り込まれている
実は両親に休学していることをまだ話していないピングレ

<軍隊>
14-87-100周.jpg 
ヘテが何かヘマをしたため(ガス栓を忘れた?)
連帯責任で練兵場100周することにそれも完全軍装で

<ヘテのナレーションその1>

その日で僕の軍生活が終わると思った
先輩たちに怒られるのが怖いのではなく
今僕の肩の上の45キロ完全軍装に耐える自信がなかったためだ

14-91ユンジンノバッグ.jpg
ソテジの家の前で待つユンジン
<応答せよ1997>を見た方なら思わず笑ってしまうこのバッグ
画像出処:上、中=<応4>キャプチャー
下=<応7>第1話キャプチャー
 
s14-92.jpg 
サムチョンポはユンジンがソテジの追っかけをしていることが嫌いでいつもケンカしていたけれど
紳士協定を結んで二人でいる時は絶対ソテジの話をしない代わりに
ユンジンの行動に対しても文句を言わないことにしたそうです
 
14-93-別行動.jpg 
寒空の下放送局でソテジの登場をひたすら待つユンジンと
暖か~い布団で眠りにつくサムチョンポ
【追記10/18】
ユンジンが寒空の下放送局前でソテジを待ち サムチョンポがあったか布団で寝るシーン
韓国版は ソテジワアイドゥルが歌う「この夜が深まるが」
이밤이 깊어가지만 - 서태지와 아이들

日本放送版は
내 사랑은 {위대한유산OST}僕の愛は(偉大な遺産OST)歌:チョン・ドンハ

14-95-ピングレ実家へ.jpg
休学のことを話すつもりで実家に電話したピングレですが
母親の様子がどうもおかしいので弟に電話して
父親の心臓病が再発し手術することになった話を聞く

この時のBGMがCutting Crewの「(I just) Died in your arms Lyrics」
懐かしい~1986年の曲だそうです~ 日本では自動車のCMソングになっていたようで
余談ですが、先日放送されたKBSのドキュメンタリー番組「人間劇場」の中の「キム・テウォンの願い」の中で息子さんと一緒にテコンドー教室に行く車の中でこの曲がかかっていてテウォン氏もこの曲を好きだと言ってました^^

ちなみにこの曲です↓

病室でのピングレ父
14-97-休学を知らない両親.jpg 
息子が休学しているとは夢にも思ってない様子

<軍隊>
14-100-チェ兵長だけ.jpg 
限界で次々と倒れる兵士たち
ヘテもとうとう…
そんな中ただ一人走り続けるチェ兵長
 
14-103チェ兵長のことば.jpg 
部屋に戻ってきたチェ兵長は
皆に今日の事でヘテに対して何かしたら俺がタダではおかないと言います
そしてヘテに対してやさしく語りかけます

お前いい学校に通ってるんだってな
羨ましいよ 俺は高校も卒業できなかったのに
お前、先輩兵たちが情けないだろ?
一等兵は仕事ばかりして
上等兵は悪口ばかりで
俺は遊んで除隊を待っているだけのバカだろ?
否定してもちゃんと顔に書いてあるぞ
お前の目には皆、イカれてて情けなく見えても、
皆お前のようにプロセスをたどってきたのだ
大学はお前がいい所かもしれないが
経験からするとここではお前が一番不足している
軍隊に階級があるのは
上がれば上がるほど立派な人間だという意味ではない
上がって行くほどたくさん知っているということだ
だから一生懸命学べ
くだらない先輩兵からも学ぶことはあるから
人生はどうせ全て経験だし、それが財産だ 

 
<ヘテのナレーションその2>
 
ありふれた話として階級は花札に興じて得るものではないと言う。
バカみたいで天下の役立たず人間だとばかり思っていたチェ兵長、
その人が若い僕の価値観を変えた。
やってみない事には分からないことがあるということ。
行ってみないことには見えない視野があるということを、
彼は気づかせてくれた。
そしてさらにもう一つチェ兵長が僕に教えてくれたもっと大切な教訓は.... 

s14-105.jpg
 
厳しい組織社会で経験と時間が教えてくれる一番大切なことは、
生存のための融通性だと僕は悟った。

14-106-会食.jpg 
スレギとナジョンは
スレギの先輩たちとの食事会も無事に終えました

ドラマシーン↓

<ロケ地情報>
このレストランは漢拏水産 (한라수산)という日本料理店で
チルボンとナジョンが行った居酒屋「かな」の道路を挟んで反対側にある店でしたが、
現在は焼き肉店(양촌리)に変わっているようです。
住所は서울 마포구 용강동 50-1(서울 마포구 토정로 304)になります 

14-108-ハルラ水産ロケ地.jpg
画像上:ドラマシーン
画像下:Daum지도 (2013年3月現在)

14aハルラ水産全体Daum地図-vert.jpg
画像上:Daum지도 (2013年3月現在 ロケ地の日本料理店)
画像下:Daum지도 (2014年4月現在 焼き肉店)

ピングレと弟ジョンウの二人が父と面会
14-109-父.jpg
苦しい息の中「行け、大丈夫だから、早く戻れ」

ピングレ母もまだ最終に間に合うから早く帰りなさいと交通費を渡す
14-111ピングレが変わった.jpg
少しでも勉強に差支えないようにしようとする親心なのですが
弟は事情を知っているので複雑な表情
ピングレは母に休学のことを打ち明けるのか

昨日振り込まれた学費は
本当は外出禁止の父が入院着を着たまま出かけて振込んだお金だったのです
いつ学校に学費を納めるのかと聞く母に
ソウルに戻ったらすぐに納めると言うピングレ
復学を決心したようです~^^

<ナジョンのナレーション>
 
家族をものともせず環境に耐え抜きついに叶えた夢はカッコいいものだ。
私たちの多くは自分の愛する人々をとても踏み台にすることは出来ず
ついには自ら夢をあきらめてしまう。
けれど大丈夫。
大したことないドラマチックな成功談ごときにしょげ返って
自ら挫折と敗北感に閉ざされる必要はない。
私たちには夢と同じ位人も大切だっただけだ。
私の愛する人のため自分を変える決断、
割といいし格好いいことだ。

ドラマシーン↓(ヘテとサムチョンポのCMつき)

場面は2013年のナジョンの家へ
<キム・ジェジュンを探せ>
14-115-職業.jpg 
それぞれの現在の職業が明らかに
ピングレは皮膚科医になったようです~
サムチョンポは大企業に勤めるサラリーマン
そして本も出したようです
「万年課長の一億稼ぎ」というタイトル
スレギはサムチョンポの本をうちの病院の図書館に~なんて話してますので
ちゃんと医者になったようです。
ヘテは公務員だそうです
 
14-118-あのボール.jpg 
サムチョンポは本の上の野球ボールが気になったようです
ユンジンは「あれは本当にワケありのボールだね」と言ってますが、
どうやら本当にマズイ話のようで~
 
 14-121-ボールをみつめるチルボン.jpg
そして懐かしそうにそのボールを手にするチルボン

1996年1月 延世大野球部冬期訓練キャンプ
14-123-冬期合宿.jpg
宿舎でボールをみつめるチルボンでした


画像出処:「응답하라1994」公式HPの다시보기, 응답하라 all청춘, 응4 가이드etc.
ナレーション等の原文:「응답하라1994」公式HPの다시보기, 응답하라 all청춘 より

nice!(0)  コメント(6) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
はな

この回は、日本版23話でしたが、とても気に入ったシーンが続きました。
居酒屋でのチルボンとナジョンのやりとり、そして雪の降る外へ出て歩き、チルボンが自分の帽子をナジョンに被せて別れるシーン、その帽子の裏にはナジョンの写真がはさんであって、、、
チルボンのナジョンえの切ない思いがひしひしと伝わってきました。そしてドンハの歌が流れて、、、私はぴったりに聞こえましたが、韓国版では違う歌なんですね~

ピングレ兄弟の話も、ヘテの軍隊での話も、心打たれます。
どのシーンも青春の切なさ、美しさに溢れてる、、、

ナジョンとチルボンの入った日本風居酒屋の場所まで載せて下さって、ありがとうございます。
いつか行ってみたいな~

また二度目、ゆっくり、この続きを見ます。

韓国文化院のコンサート申し込みました。
またドンハの歌が聴けると、嬉しいですけど、、、
by はな (2015-05-15 11:03) 

花かんざし

はなさん、こんにちは!
お久しぶりです~コメントありがとうございます♪

14話は様々なエピソードが満載でした~
日本版だと回の切れ目が違うと思いますが、23話になるのですね~
当時の流行歌でつづられたドラマなので
その時代を韓国で過ごされた方には心にくい選曲でしょうが
日本人にとってはそこまで音楽にこだわらなくても楽しめるでしょうね~
その上差し替えがドンハ君の曲なのでなんだかお得な気分になりますね。
私もドラマに登場した飲食店など行ってみたいです~
私が韓国に行く時に、まだお店があるといいのですが...いつ行けるかしら?

ところで、全国無料BSテレビ局・Dlife(BS258)で
「毎週月曜~金曜 13:30~14:30」に韓国ドラマを放送中です
現在は「君の声が聞こえる」を放送中で、私かなりハマって見ています~♪
その後5/28(木)から「メディカル・トップチーム」が放送される予定で
そのあと6/25(木)から
いよいよ「応答せよ1994」が放送されるようです~^^
何度も見たけれど、やっぱり録画すると思います♪

ブログでは応答せよ1994の14話を昨年5月30日に投稿していますね~
一年前、自分によくまあこんなに記事を書く気力があったものだと
我ながら不思議な気分です。

明日はプファル30周年記念コンサートがありますね。
同じ日、ドンハ君の全国ツアー(韓国内)もスタートします~
本当にしみじみと別々の道を進んでいることを感じます。
ドンハ君、今は振り返らずにまずは前を向いて歩んでいるんですね。

そのドンハ君が来日しますね~
昨日から情報オープンだったのかしら?
OSTコンサートのサイトはまだつながりにくいのですが、
駐日韓国文化院のHPでも情報出ましたね。
http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=4458

ドンハ君の公式FCからも情報が出ました^^ FC枠を用意されたようです。
3月の単独公演の時に「これから日本に度々行きますので」という言葉がありましたが、
本当にそうなっているようで嬉しいです♪
希望者が全員参加できるといいなあと思っています。

by 花かんざし (2015-05-15 14:25) 

はな

お返事ありがとうございます。
3月のコンサートで、そう話されてましたか?
ほんとうに、こんなにすぐにまた会えるとは、嬉しい限り、、、
パク・ワンギュ氏の歌も聴けると思ったのですが、来られなくなったのですね。確か結婚式にも参席されたり、アメリカ・ツァーにも一緒に行かれてましたよね。  残念!
他の方たちは、知らない方ばかり。

そう、きのうは、プファル30周年コンサートの日でしたね。
行きたいと思いましたが、家の事情もあり、近頃の円安も気になり
簡単には、行かれません。
ネット上での映像を楽しみにしています。
ドンハ君のツァーのことも、、、

BS Dlifeのドラマ情報ありがとうございます。
そんな放送があるのを全く気ずきませんでした。
見つけて、「君の声が聞こえる」録画予約しました。
そして「応答せよ1994」も、まもなく放送されるとのこと、
嬉しいです。
ほんとうに、いろいろ教えて下さってありがとうございます。
「応答せよ1994」のCD&DVD(メーキング)買って、楽しんでいます。


by はな (2015-05-17 11:43) 

花かんざし

はなさん、こんにちは!
コメントありがとうございます~♪

OSTコンサート...私が韓国の音楽に関心を持つようになったのはドラマOSTからなので、楽しみです~^^
出演歌手は、私も名前だけ知っている方や初めての知る方もいらっしゃいますが、
もしかしたら知らずにドラマを通して知らずに聞いていた曲が聞けるかもしれませんね~

イ・ガウンさんはかつてPageという名前で
私の大好きな韓国ドラマ「茶母~チェオクの剣」で「丹心歌」を歌っておられた方です。
Pageはプロジェクト歌手グループで時々歌手が交代しています。
初代がオ・ヒョンランさんで、3代目がイ・ガウンさんで、
一度また別の方に変わり、現在再びイ・ガウンさんがPageになっているようで..??
今度のコンサートに行ったら、その辺りもわかるのかしら。

ドンハ君の全国ツアー始まったようですね。
今週末は釜山公演、日本からもファンがかけつけるとか。
プファルも今月末にカリフォルニア公演があるようです。

あ、このページは「応答せよ1994」の話題のページなので
それに関連した情報を一つ。

「応答せよ1994」のチルボンことユ・ヨンソク氏が主演のドラマが
先週から韓国で放送スタートしました。
MBCの水木ドラマ「メンドロントトッ(맨도롱 또똣)」
ホン姉妹の脚本作品です。
タイトルは済州島のことばで「気持ちよく暖かい」という意味らしく
ドラマの舞台となるレストランの店名にもなっているようです。
第1話には同じ脚本家作品から「主君の太陽」のソ・ジソプ氏がカメオ出演したそうですよ。

MBCドラマ公式サイト↓
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/man/

by 花かんざし (2015-05-19 13:18) 

はな

こんばんは
先ほどコンサート・チケット受付番号のメールが届きました。
これで安心行かれます。ドンハ君に会えます。
出演歌手のこと教えて下さってありがとうございます。
とても楽しみになってきました。

「応答せよ1994」のチルボン役ユン・ヨンソク氏のニュースうれしいです。  はじめは、そんなにすてきとも思わなかったのですが、ナジョンを思う一途な切ない表情に魅かれていきました。
やっぱりスタイルはいいし、かっこういいですね。
チルボンは、彼、彼はチルボンです。
そんな彼が、今度のドラマでどんな姿を見せてくれるのか、とっても楽しみ!

彼らと同世代の私の娘も、今すっかりこのドラマにはまってますから、チルボンのニュースは喜ぶでしょう。
でも、スレギもナジョンも、あのちょっとおかしなヘテもサンチョンポも、おとなしそうなピングレも、小さくてもしっかり者のユンジンも、そしてナジョンのアボジ、オモニも、みんな個性的で愛すべき人たち、み~んな大好きになりました。

またこのドラマの背景の事件や、ドラマ「砂時計」、ペ・ヨンジュ氏のドラマの話題など、私の記憶にもあるので一層現実味を持って見られます。ほんとうに見事な作り方ですね。
言うまでもなく、花かんざしさんが、書いてらっしゃいましたよね。話題は尽きませんが、、、  おやすみなさい。
by はな (2015-05-20 00:26) 

花かんざし

はなさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
お返事がすっかり遅くなってしまいました~申し訳ありません。

今日は釜山コンサートの日ですね~
そしてあと4日でOSTコンサート。
もうすぐだと思うとわくわくします~♪

はなさんのお嬢様も「応答せよ1994」のファンなのですね~
母娘で共通の話題があると楽しいですね^^
韓国ドラマって一つのドラマから俳優や音楽、ドラマの舞台や時代背景など
多くの事柄についての興味関心が広がりますね~
日本のドラマではそこまで興味を持つことがないのに。
もっと色々なことを知りたくなる...
きっとそこが韓国ドラマの魅力なんでしょうね~
水曜日は楽しい時間になるといいですね~^^

by 花かんざし (2015-05-23 16:33) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。