So-net無料ブログ作成
検索選択

【歌詞訳】ソン・シギョン「優しく、さようなら」雲が描いた月明かりOST - Part 5 [【韓国ドラマ】雲が描いた月明かり]

s2711070_org.jpg 
 
また「雲が描いた月明かり」のOST歌詞訳です。とにかくこのドラマにすっかりはまっていますので。OSTも次々と公開されていますが、歌手のラインナップが豪華です~。今回の曲を歌うのはソン・シギョンさん。甘い声で主人公である世子ヨンの心情を歌い、ドラマの雰囲気を素敵に盛り上げてくれています。ドラマでは7話からこの曲が流れてきました。それにしても今回の歌詞もちょっと悲しげなところがちょっと気になります。例によって歌詞訳の他に下手な解説もあれこれしています。
 
とっても素敵なMVが公開されました。世子ヨンと男装内官ラオンの二人のダイジェスト版です~
7話までのシーンが含まれています。ドラマをまだご覧になっていない方はご注意ください。




優しく、さようなら
다정하게, 안녕히(タジョンハゲ、アンニョンヒ)
雲が描いた月明かり(KBS2月火ドラマ) OST - Part 5
歌:ソン・シギョン
発売:2016.09.14
作詞:シム・ヒョンボ
作曲:ソン・シギョン
編曲:ファン・セジュン、キム・ドゥヒョン


オルピッ スチヌン ニ センガケド
얼핏 스치는 니 생각에도
ふとよぎる君への想いに

マヌン パムドゥルル ティチョギル テンデ
많은 밤들을 뒤척일 텐데
幾晩も寝付けないのに

クェンチャンタ マラギエン
괜찮다 말하기엔 
大丈夫だよと言う割に

クェンチャンチガ アヌン ナ
괜찮지가 않은 나
大丈夫でない僕

クレソ オヌルド ミアン
그래서 오늘도 미안
だから今日もごめん

クンデ マリャ チョンマル
근데 말야 정말
だけどね 本当に

ネゲソ ノル ペミョン クゲ
내게서 널 빼면 그게
僕から君を取ったら それが

ナイギン ナイン ゴルカ
나이긴 나인 걸까
僕は僕であるのか


ニガ オムヌン ナックァ バミ
니가 없는 낮과 밤이 
君のいない昼と夜が

クドプシ イオジンダジャナ
끝없이 이어진다잖아
果てしなく続くということじゃないか

ノラヌン コンギド オプシ
너라는 공기도 없이 
君という空気もなく

スム シュィラン ゴジャナ
숨 쉬란 거잖아
息をしろということじゃないか

プンミョンハゲ パンチャッコリドン
분명하게 반짝거리던 
はっきりと輝いていた

サラン ニ モドゥン ゴットゥリ
사랑 니 모든 것들이
愛 君の全てが

フトジンダ アップジマン アンニョンヒ
흩어진다 아프지만 안녕히
粉々になって 苦しいけれど さようなら


オントゥッ ニ ウスミ トオルミョン
언뜻 니 웃음이 떠오르면
ふっと君の笑みが思い浮かぶと

オレ アムゴット モッタル テンデ
오래 아무것도 못할 텐데
しばらく何もできないのに

シガヌン コヨ イッコ
시간은 고여 있고 
時間は動かず

ニ オッケ ウィエン タルピッ
니 어깨 위엔 달빛
君の肩の上には月明かり

クロッケ モムチュン ウリ トゥル
그렇게 멈춘 우리 둘
そうして歩みを止めた僕たち二人


クンデ マリャ ナヌン
근데 말야 나는 
だけどね 僕は

ノエ セサン バッケソヌン
너의 세상 밖에서는 
君のいる世界の外では

ハルド チャシニ オムヌン ゴル
하루도 자신이 없는 걸
一日も自信がないのだよ


ニガ オムヌン ナックァ バミ
니가 없는 낮과 밤이
君のいない昼と夜が

クドプシ イオジンダジャナ
끝없이 이어진다잖아
果てしなく続くということじゃないか

ノラヌン ウィロド オプシ
너라는 위로도 없이 
君という慰めもなく

キョンディラン ゴジャナ
견디란 거잖아
耐えろということじゃないか

ソンミョンハゲ セギョジョ イットン
선명하게 새겨져 있던 
鮮やかに焼き付いていた

サラン ネ モドゥン ゴットゥリ
사랑 내 모든 것들이
愛 僕の全てのものが

プソジンダ サラジンダ
부서진다 사라진다 
壊れて  消えていき

アップジマン タジョンハゲ アンニョンヒ
아프지만 다정하게 안녕히
苦しいけれど 優しく さようなら


ネゲソ ノル ペミョン
내게서 널 빼면 
僕から君を取ったら

ネガ アニン ゴジャナ
내가 아닌 거잖아
僕でなくなるじゃないか

プンミョンハゲ パンチャッコリドン
분명하게 반짝거리던 
はっきりと輝いていた

ウリエ モドゥン ゴットゥリ
우리의 모든 것들이
僕たちの全てのことが

フトジンダ ナエ サラン
흩어진다 나의 사랑 
粉々になる 僕の愛

ヌル アンニョンハギル
늘 안녕하길
いつも さようなら...と



(日本語訳:花かんざし)

◆単語ノート◆
・뒤척이다(ティチョギダ)…寝返る、寝返りを打つ
・고이다(コイダ)…=괴다(クェダ) 液体がたまる、水がよどむ、涙がにじむ、唾がたまる、ある感情が漂う
・없는 걸(オムヌンゴル)…無いんだもん、無いんですもの、無いし、無いんだ


◆アルバム紹介◆
 
雲が描いた月明かりOST Part.5「優しく、さようなら」はソン・シギョンが直接作曲した曲で、一人の男として、女性であるホン・ラオンを見つめる心を表現したイ・ヨンのテーマ曲だ。

美しい弦楽器と抒情的なピアノ演奏にソン・シギョンの魅力的な歌声が乗せられ始まる落ち着いた導入部と、続く後半部でますます深まるイ・ヨンの切ない心を感じることができる。

作詞にはヒット曲メーカーシム・ヒョンボが参加、「雲が描いた月明かり」で得たインスピレーションを苦しいが優しく別れを告げる美しい歌詞で表現した。

「星から来たあなた」の『君のすべての瞬間』、「シークレット・ガーデン」の『君は僕の春だ』、「応答せよ1994」の『君に』などドラマの登場人物の心情をよく理解した感性バラードとして広く愛されるソン・シギョンが、今回『優しく、さようなら』で再びドラマの雰囲気にふさわしい曲を作り出すシンガーソングライターの面目躍如たる姿を見せた。

ソン・シギョンが切ない歌唱力と甘い歌声で聞かせる『優しく、さようなら』と共に心が
リッチになる秋を迎えるのもよさそうだ。

CREDITS
LYRICS BY シム・ヒョンボ
COMPOSED BY ソン・シギョン
ARRANGED BY ファン・セジュン、キム・ドゥヒョン
DRUM シン・ソクチョル
BASS チェ・フン
GUITAR ホン・ジュノ、チョン・ジェピル
PIANO キル・ウンギョン
CHORUS カン・ソンホ
STRINGS ARRANGED BY パク・イニョン
STRINGS ユンストリングス 
RECORDED BY パク・クンサン、アンヨン、カン・ドンホat Jelly Sound / ノ・ヤンス、オ・ソングン、ペク・キョンフンat T Studio
MIXED BY チョ・ジュンソン(Asst. ホ・ウンスク) at W Sound
MASTERED BY ソン・ジフンat JFS Mastering

◆曲情報◆


~ここからはドラマ9話までのネタバレを含みます~


9話では手話が出てきました。 

妹ヨンウン翁主をかわいがっているヨンと、翁主と仲良くなったラオンがある言葉を手話で共有し、その手話を使って二人が意思疎通します。そのシーンでこの曲がBGMとして流れていました。
 
ドラマシーン↓
 
yo20160920_114806-vert.jpg
 回想翁主:(手帳に書いた文字)お兄様が教えてくださった諺文(ハングルのこと)もいいけれど、ホン内官が教えてくれた手信号もいいです。

回想ヨン:宮中の皆が、お前とホン内官がやっている手信号が分かれば、この手帳は必要なくなるね。文字を書かなくても話がすっかり理解できるんだから

回想翁主:(うなずく)

回想ヨン:では、私にも教えておくれ

ヨン:(手話で)私は、あなたが好きだ。いや愛している。だからお願いだから...

回想翁主:(手帳に書いた文字で)ホン内官、行くなと言いたい時、どうすればいい?

回想ラオン:こういうのはいかがでしょう。見てください。
 
20160920_133157-vert.jpg
 ヨンと回想ラオン:『去って行かず(伸ばした手を手前に) 私のそばにいなさい(両手を握り合わせ祈るようにする)』

20160920_133101-vert.jpg
 月明かりの下での美しいシーンなのは認めますが

20160920_115145-vert.jpg
しかし、大臣たちの前でこのパフォーマンスは目立ちすぎだと思います。ヨンとラオンが特別な関係であることがまるわかりなのですが、こんなことをして二人はこれから大丈夫なのかしら?とひやひやしました!


世子ヨンの異母妹ヨンウン翁主の失語症は3年前のある出来事がきっかけでした。
 
yo20160920_114557-vert.jpg
 かくれんぼで戸棚に隠れていた翁主は、偶然にも女官がキム・ホンによって殺害される場面を見てしまうのです。この女官はヨンの生母の死に関すること秘密を知っていたようです。ということは、ヨンの母親の突然の死はやはりキム・ホンの仕業ということなんですね。衝撃的な現場に居合わせ一部始終を見てしまった上に、戸棚に隠れているところをキム・ホンにもう少しで見つかりそうになる事件は幼い翁主にとってあまりにもショッキングな出来事でした。今も宮殿内でキム・ホンの姿を見かけただけでも強い恐怖におびえています。

ところで、この設定もドラマオリジナルです。原作小説でも永温(ヨンオン)翁主(ドラマでのヨンウン翁主)が言葉を失うことになるのは、キム・ジョスン(ドラマでのキム・ホン)がきっかけなのですが、事件の内容が違います。小説の話をちょっと書き出してみますね。


7歳の永温(ヨンオン)翁主には姉のように親しくしていた12歳のヒャンアという女官がいました。ある日ヒャンアが淑儀パク氏の枕の中に何かを入れるのを偶然翁主が見てしまいます。ヒャンアは、これは淑儀様の快眠のための薬剤だけど、効能のために秘密にしてくださいと言います。ところが幼い翁主はうっかりその話を母親(淑儀パク氏)にしてしまいます。その後ヒャンアは翁主の前から突然姿を消します。

実家に帰ったという話が信じられない翁主はその後、顔や指に焼きごてを当てられ血まみれになった状態で椅子に縛られているヒャンアの姿を目にします。薬剤のことで疑いをかけられたヒャンアは捕らえられていたのでした。ヒャンアはか細い声で翁主に「助けて...」と言いながら息絶えます。

そこへキム・ジョスンが現れ、呪いのような言葉をかけます。「翁主様があの子を殺したんです。枕に薬剤を入れた話をしたでしょう。翁主のような身分の高い人の場合、思わぬ一言で人が死ぬことがあるのですよ。あなたの軽率な言葉でヒャンアは死んだのです。またこんなことが起きるかもしれませんから、今後言葉には気を付けてください、翁主様。」この出来事によって、翁主は言葉を話せなくなってしまったのでした。

ヒャンアが枕に入れた薬剤が本当に心地よい眠りのための薬剤なのか、誰かに命じられて入れた毒なのか、それは小説でも明らかになっていませんでしたが、身分の高い人にとって常に命が狙われているという怖れがあるのが宮中であり、仕える立場の者は疑わしい行動をするだけで命を落とすこともあるのが宮中なのでしょう。

ちなみに、この話を翁主はビョンヨンに打ち明けるのです。ここでもビョンヨンが活躍するのに...ドラマではビョンヨンと翁主が親しくなるシーンは今のところ出てきてないですね。翁主は10歳なのに非常に聡明です。小説ではラオンが女性であることも、誰が誰に好意を寄せているかすべて見通していましたよ。

原作になかったシーンが色々増えてきています。
 
20160920_140953-vert.jpg
 ビョンヨンはサムノムの正体を知っただけでなく、ヨンとラオンが恋仲であることまで知ってしまいました。ビョンヨンの影の組織の正体も小説とは設定が違っているので、ビョンヨンの苦悩がどう描かれるかが見どころです。
 
20160920_141310-vert.jpg
 9話でアン・ネサン氏演じるチョン・ヤギョンの口から「私のおじい様がおっしゃっていました。」というセリフが出てきましたが、実はこれ小説でのラオンの口癖です。実はここで言うおじい様こそチョン・ヤギョンなのですが、ドラマではまだラオンとも会っていませんね。チョン・ヤギョンは小説では苦境にあったラオンを助けた人物で、その後はヨンに政治的アドバイスをしたり、後半では重要な役目を果たす人物なのです。あ、ちなみに歴史上実在の人物ですので、人物や業績等は検索すれば色々出てきます。この人物がこのドラマではどのように活躍することになるでしょうか。
 
20160920_145425-vert.jpg
 ダイエットに成功したミョンウン公主と科挙に合格したチョン・ドクホが出会いました。こちらもドラマオリジナルカップルですが、どうなっていくのかな?

20160920_150135-vert.jpg
 朝廷が金氏ばかりでヨンの後ろ盾がいないことを心配した王は、国婚を準備することを尚膳に命じます。王や世子のお妃たちは通常の結婚とは違い、揀択(カンテク)というしきたりに則って選ばれることになると思いますが、ここで豊壌趙氏の娘であるハヨンが最終候補に選ばれることになるのでしょうか?

20160920_150346-vert.jpg
 9話のラストでヨンがラオンの名前を呼びます。
とっても美しく幸せそうなシーンですが、自分の正体を隠すためにサムノムという名前を名乗ってきたのに、「ラオン」という名前で呼ばれることは、とても危険なことかもしれません。ヨンはまだラオンが探しているホン・ギョンネの娘である事実を知りませんから。
 
さて、第9話の視聴率は21.3%でまたまた最高視聴率を更新しました。
今後の展開がますます楽しみになってきました。


KBS2TV「雲が描いた月明かり」公式HP↓
韓国KBS2TV毎週月・火曜日午後10時から放送

画像出処:KBS2TV「雲が描いた月明かり」画面キャプチャー

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。