So-net無料ブログ作成
検索選択

H.Y.U.K. MINI ALBUM アルバム紹介 [H.Y.U.K 2016]

shyukminialbum.jpg

8月にNORAZOのイヒョクがバンドメンバーのソン・ジュノ、ソ・ガンヒの3人で作った新しいグループH.Y.U.K. の新曲「One Shot」が公開されましたが、11月28日に新たに4曲を追加したミニアルバム「H.Y.U.K. MINI ALBUM」が発売されました。このミニアルバムは音源だけでなくCDも発売されました。音源サイトにはアルバム紹介文が色々書かれていますので、日本語にしてみました。歌詞訳も順次ご紹介していくつもりです。

アルバム紹介文の中に「これまで持っていたイヒョクのカラーを完全に脱皮した」とあるのですが、私が聞いた感じでは、これまでのイヒョクと何ら変わることのないロッカーとしてのカラーを表現したアルバムだと思います。たぶん、イベントステージで愉快な曲を歌うNORAZOの曲しかご存じない方が聞いたら驚きますよということなのでしょう。新曲の発表のたびにいつも同じことを言っている気がしますが、それだけNORAZOのユニークなイメージが強烈だということなのでしょうね。
  
H.Y.U.K. MINI ALBUM
H.Y.U.K
発売:2016.11.28

収録曲
1 <タイトル曲> 이루다(叶える) 4:30 
2 One Shot 3:17  
3 Stalker 4:59
5 Tonight 4:10

全ての曲の作詞、作曲、編曲:ソン・ジュノ(송준호)、ソ・ガンヒ(서강희)、イ・ヒョク(이혁)


◇アルバム紹介◇

高音の最高レベルNORAZOのイヒョク!
三人グループH.Y.U.K.としてカムバック!

三人組バンドH.Y.U.K. ミニアルバム[H.Y.U.K. MINI ALBUM]で電撃カムバックする。

H.Y.U.Kは (Holy Young Ultra Kingdom)という意味でイヒョクのイニシャルで作られた聖なる若者の超王国という意味だ。

現在のメンバーMetal Guitarist「JJUN」(ソン・ジュノ)は2013年のBlack hole Tribute公演が縁になり、その後2014 Evolution no.7というバンドも一緒にしたメンバーだ。しかしEvolution no.7として活動もあまりできないまま解散し、その残念さを振り払うため2年の準備期間をかけ作られたチームでRock guitarist「HEE」( ソ・ガンヒ)と出会い、同じ志を抱いて音楽をするようになった。お互いが同じような音楽傾向をもったトリオなので、アルバムの作詞、作曲、編曲を一緒にしている。

H.Y.U.K. は11月28日発売される今回のミニアルバムでタイトル曲「叶える」をはじめ新しい音楽と魅力を感じられる全5曲を収録し、これまで持っていたイヒョクのカラーを完全に脱皮した。今回のアルバムタイトル曲「叶える」は、タイトル候補中H.Y.U.K. のメンバーたちが長い時間、慎重に悩みながら心血を注いで誕生させた曲で、誰もが子供の頃に大切にしてきた夢を一つずつ持っている。しかし時間が経つにつれ現実と夢は違うと考える。けれども実は夢は現実になることもあり、夢を叶えるには多くの時間と努力、そして挑戦と野望がなければならない。この曲を皆が聞いて、ためらっていた小さな夢でも叶えたらという思いで作った曲だ。
特に5曲目 Tonightでイヒョクの絶対高音を鑑賞できる。


[ALBUM RIVIEW]


이루다(叶える)
誰もが子供の頃から大切にしてきた夢を一つずつ持っている。
しかし時間が経つにつれ現実と夢は違うと考える。
ところが実は、夢は現実になることもあり、夢を叶えるには多くの時間と努力、そしてチャレンジと野望がなければならない。
この曲を皆が聞いて、ためらっていた小さな夢でも叶えたらという思いで作った。
(歌詞訳↓)

http://papercascade206.blog.so-net.ne.jp/2016-12-05


Oneshot
数年前バンドのメンバーたちとウォッカに心酔しているときに作った曲だ。
ウォッカを考えて作った曲なのでメロディーがいっぺんに出た曲だ。
ただ聞くだけですっきりと一杯飲みたくなる歌(になったらいい<笑い>)
一日のストレスを一杯の酒で吹きとばしたらいいなという気持ちで作った曲。
気軽に聞いてストレス解消にいい曲だと思う。
(歌詞訳↓)


Stalker
最近は緊張をほぐして暮らすのが怖い世の中だ。
ストーカーされた人はストーカーがどれだけ鳥肌が立つほど怖いことなのか知っている。
自分の欲求を少しだけ抑えて他人をちょっと理解したらストーカーはいなくなるのではと思う。
自分勝手な気持ちでは人も物も得られない。
誰が見ても我々がやられた話を書いたと思って聞くだろうが
残念ながら我々はストーカーにただの一度も遭ったことがない。

Performance
韓国の詰め込み式教育の問題点と社会で1位だけを望む世の中を描いた曲。
最近の世の中は1位だけが学校でも社会でも人より優秀に扱われることはないというメッセージを伝えたくて書いた曲だ。
このアルバムで最もヘビーな曲だ。
(歌詞訳↓)


Tonight
訳の分からないまま好きだった異性が一日にして
消えた経験があるなら、この曲が胸に響くと思う。
今まで作った曲の中で歌うのが最も難しい曲だと言っても過言ではないほど
非常に高音に作ってしまった歌...
録音中に「果たしてこの曲を僕がライブでやれるのだろうか...」と
考えるようになったこの歌...
 

 
アルバム情報は↓

音源の購入は
itunes↓


CDの購入は
musickorea↓(日本語)

yes24↓(韓国語)

aladin↓(韓国語)


Team H.Y.U.K 公式ページ↓

pc027352500.jpg
   
PC027351500.JPG

ところで、バンド名ですが、ワンショットを発表した8月は「H.Y.U.K」だったのに最近は「H.Y.U.K.」とKの後ろにも「.」が付くようになりました。CDには「H.Y.U.K Holy Young Ultra Kingdom」がデザインされた文字であちこち書いてありますが、こちらは「.」無しなので、もしかして「.」は「Holy Young Ultra Kingdom」を略したものなのか??でも今も「H.Y.U.K」という表記が混在しているようで、ちょっと謎です。
 
それから!

H.Y.U.K. の1月スケジュール詳細が発表されました!

HY Entertainment 様のサイトより転載です↓↓

1/14㈯  新宿 K STAGE O
     18時  
ファンミ 予約: 8,800円(当日券:9,000円)
1/15 ㈰ 原宿 ASTRO HALL
    1部:13時  
    2部:18時   
LIVE 予約: 7,800円(当日券:8,000円)

1/20 ㈮ 新宿 K STAGE O 
    1部:14時 
    2部:19時  
    LIVE 予約: 7,800円(当日券:8,000円)

*1/16~19 日本デビューCD発売記念インストアプロモーション(東京、詳細後日発表)
*チケットオープン日、ライブ特典は後日発表致します。

Access

転載ここまで


詳細は↓HY Entertainment様のサイトの情報をご確認ください

またH.Y.U.K.の12月の公演チケットも発売中です↓
 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました