So-net無料ブログ作成
Boohwal 歌詞訳 ブログトップ
前の10件 | -

【歌詞訳】プファル「序詩」~一つのコリア~ [Boohwal 歌詞訳]

s80826195_1464686918345_1_600x600.jpg


プファルを始め多くのアーティストが参加した「하나의 코리아-ハナエ コリア(一つのコリア) (United Korea 4 The World)」というアルバムの冒頭の曲を聞いてみたら、歌詞は尹東柱(ユン・ドンジュ)の有名な詩「序詩」で、そこにキム・ドンミョンさんの素敵な歌声が乗っている曲でした。尹東柱の「序詩」のことは以前、このブログでもご紹介したことがありますが、今回は歌詞訳としてご紹介します。
   

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

【歌詞訳】プファル「マッコリドリーム」 [Boohwal 歌詞訳]

s80825058_1464595392434_1_600x600.jpg
 
久しぶりにプファルの話題です。
プファルが5/31に「マッコリドリーム」という曲を発表しました。この曲はマッコリ大衆化のための企画「マッコリ放浪団」のために作られた歌で、作曲はプファル9集アルバム時のボーカルチョンダンさんが担当し、現ボーカルのドンミョンさんと一緒に歌っています。曲の途中にはRp-Qさんによるラップもあり、後半には韓国の伝統的な音楽が英語の歌詞で歌われたりと、なんだか豪華な造りになっています。この曲は音源が無料で公開されています。私はNaverでダウンロードしました。(記事の最後に各サイトのリンクを貼りました)
例によって拙い日本語訳ですがご紹介いたします。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

【歌詞訳】「歌のように」プファル [Boohwal 歌詞訳]

歌のようにアルバムジャケット400.jpg
 

韓国語の特有の文字を한글(ハングル=偉大な文字という意味)といいますね。1446年の秋に当時の国王が公布した時は「訓民正音」という呼び方でしたが、今から100年程前に「ハングル」と呼ばれるようになったとか。そして現在韓国では10月9日が「ハングルの日」になっています。この日は過去において休日になったり平日になったりしましたが、2013年からは再び休日になっているそうです。

そして今年の「ハングルの日」に合わせて一つの歌が作られました。プファルのリーダー キム・テウォン氏が半年前から大学教授と協力して作った合唱曲。無料で音源公開もされたこの曲はプファルの歴代ボーカルと現ボーカル、そして放送局のアナウンサーたちも参加して歌っています。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【歌詞訳】「美しい事実」プファル9集 [Boohwal 歌詞訳]

先日(2015年10月17日)に放送された不朽の名曲に登場した7曲はどれも本当に名曲でしたが、そういえばこの曲の歌詞訳をまだしていなかったのでご紹介してみます~。プファルの曲というより、映画「私の頭の中の消しゴム」の中でながれた曲、中国ドラマ「北京バイオリン」のエンディングテーマ曲として広く知られるようになった曲です。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

【歌詞訳】プファル新曲「愛している」 [Boohwal 歌詞訳]

500COVER復活_愛している.jpg
 
長い沈黙期間を経て遂に22日に公開された新しいボーカルキム・ドンミョン氏の歌声。澄んだ声が心地いいです~。新ボーカルの名前がネット上で話題になってからyoutubeの曲をいくつか聞いたことがありますが、音楽に素人の私の感想ですが、その頃よりもずっと透明感が増して、落ち着いた安らぎ感があってより洗練されたように思いました。
 
歌詞と旋律はやっぱりテウォン氏の曲ですね~本当に美しいです。これからプファルの数々の名曲も新しいボーカルドンミョン氏の歌声によって引き継がれていくのですね。
 
この曲は単なるデジタルシングルではなく14集アルバムの曲の一つとして先行公開された扱いのようです。秋にはプロジェクト曲も公開されるようですし、来年がプファル30周年の節目の年になりますし、今後の活動から目が離せなくなってきました~。
 
拙い訳ですが歌詞訳と今回の新曲とこれまでのプファルのアルバムについて紹介してある音楽サイトNAVERのスペシャル記事訳をご紹介いたします~
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

「モノクロ映画」歌詞訳 プファル [Boohwal 歌詞訳]

モノクロ映画のことを白黒映画といいますね。白黒写真という言葉もあります。でも韓国では黒白映画、黒白写真。色の順序が逆なんですよ~

それで思い出したのですが、よく発表会などで緊張して思考回路が停止してしまった状態(度忘れ)を、色で例えて、「頭の中が真っ白になる」といいますよね。ところが韓国ではこういう時、白でなくて黒なのだそうです。頭の中が真っ暗で何も見えないイメージだとか。ちなみに私のイメージは強い光で眩しすぎて見えない状態なんです。お友達はノートに書いたものが消しゴムで全部消えてしまったようなイメージだと言います。

さて「度忘れ」を韓国語で까먹다(カモッタ)と言いますが、元は까마귀 고기 먹었나?(カラスの肉を食べたの?=度忘れした人に対して言うことば) から来ているようで、真っ黒いカラスと度忘れが結びつくのもやはり度忘れのイメージが黒だからなのでしょうね。

この際ついでにもう一つ。日本では物忘れの食べ物というとカラスではなく、茗荷ですね。なぜ茗荷なのか?これは仏教からきているようです~

どうでもいい前置きが長くなりました。プファルの3集アルバム「記憶喪失」の中に「モノクロ映画」という曲があります。とても抒情的でプファルらしい曲です。12集Part1ではドンハ君のリメイクバージョンも収録されています。

例によって拙い歌詞訳をご紹介しますね。
そしてこの曲にまつわるエピソードは記事の一番下に書きました。
  

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

復活「思い出す(センガギナ)」歌詞訳 [Boohwal 歌詞訳]

プファルの9代目ボーカル、チョン・ドンハ君の代表的な曲と言って思い浮かぶのがこの曲になるのでしょうか。プファル12集アルバムPart1のタイトル曲「思い出す/センガギナ/생각이나」の歌詞訳をご紹介いたします。

私がプファルのファンになるきっかけが韓国のラジオ番組(見えるラジオ)でこの曲を歌うドンハ君の姿を見てからなので、プファルの楽曲の中で愛着のある曲の一つです。そのせいかいつもにも増して日本語訳がとても難しかったです。プファルの曲はいつもそうなのですが、自分の乏しい語彙力ではテウォン氏の美しい言葉で綴られた歌詞を日本語にするのが困難で、歌詞訳原稿を見る度に気になる箇所を修正してばかりでしたが、今回は思い切って記事にしてみることにします。

12_1CD.jpg 

【復活 (プファル)】【Retrospect】【25周年記念アルバム】【Part 1】【12集】【韓国音楽CD】


この曲はプファル12集25周年記念アルバムPart1【Retrospect】のタイトル曲ですが、テウォン氏が出演していたバラエティ番組「男子の資格」の挿入歌になって人々に知られるようになり、同時にプファルというバンドやチョン・ドンハというボーカルにも光が当たるようになったプファルにとっても意義深い曲だそうです。テウォン氏が一年以上かけて作った曲ですが、ベース担当のメンバーが最初に聞いた時はそれほどいいとは思わなかったそうです。(いつもジェヒョクさんがいまいちだと思った曲はヒットするジンクスがあるようですね^^)。

ところで余談ですが私はこの曲のイントロを聞くと「Danny Boy」を思い出します~^^
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

復活「夕立(ソナギ)」歌詞訳 [Boohwal 歌詞訳]

プファルの音楽で大好きな曲の一つに「소나기/ソナギ」があります。소나기(ソナギ)は日本語で夕立やにわか雨のこと。1993年に発売された3集アルバムのタイトル曲で、この時録音された音声は故キム・ジェギ氏の歌声です。しかしご存知の通り突然の交通事故でキム・ジェギ氏がこの世を去り、その後歴代ボーカルによって歌い継がれているプファルの名曲の一つです。


私はこの曲をプファルの「Live & Unplugged」というCDに収録されていたドンハ君の声で最初に知りました。これからもプファルは新しいボーカルを迎え、この曲もずっと歌い継がれていくことになるでしょう。
 
ちなみに昨年韓国で放送されて大きな話題になっていた「応答せよ1994」の第9話にもこの曲が流れたそうです~^^ 
例によって拙い訳ですが歌詞をご紹介いたしますね。

ソナギ表紙.jpg

ソナギ(にわか雨) ファン・スンウォン短編集


ところで、歌詞にあるように韓国には「소나기/ソナギ」という有名な短編小説があるそうです。作者はファン・スノン(黄順元/황순원)氏。少年の淡く切ない初恋の物語で韓国ドラマのラブストーリーの原点のような物語のようです。ちょっと検索すると色々出てくると思います~。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

「友よ君は知っているか」歌詞訳 プファル11集Track.01 [Boohwal 歌詞訳]

ドンハ君のファンミレポートの前に、まずはこの曲をご紹介したいと思います。
最近のコンサートでよく歌われている曲です。

s11集CD.jpg
↑今では入手困難なプファル11集アルバム 
これはお友達が所有しているもので、写真を撮らせていただきました^^
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

『愛するほど』 復活(プファル) 歌詞訳 [Boohwal 歌詞訳]

この前のプファルの東京公演でも歌われたプファルの代表的な曲の一つです。
現在のボーカル、チョン・ドンハ君がプファルというグループのことを知るきっかけになった曲で、個人的にとても好きな曲とのことです。

この曲は1993年、プファルがとても苦しかった頃テウォン氏の前に彗星の如く現れた一人の青年によって出来上がった曲です。この曲を録音した後その青年は交通事故でこの世を去ってしまいますが、この美しい曲はその後現在に至るまでずっと愛され続けています。コンサートの途中でもこのエピソードをテウォン氏が紹介してくれました。

この曲は様々な歌手がいろいろな所で歌っているのでご存知の方も多いと思います。
今更感もありますが、私も歌詞訳をしてみました~^^ 

ところで、最近Facebookで日本語のプファル(復活)のページがオープンしています~
↓ ↓ ↓
Boohwal Japan
https://www.facebook.com/BoohwalJapan
こちらはどなたでもご覧いただけます~!
「愛するほど」についても詳しく紹介しています~

会員制サークルBOOHWAL⚜BORN AGAINと合わせてプファルを日本から応援できたらいいですね~
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(11) 
前の10件 | - Boohwal 歌詞訳 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。