So-net無料ブログ作成
NORAZO インタビュー記事 2014 ブログトップ

NORAZOEvo7 インタビュー記事訳「渾身の力を振り絞って走って行きます」 [NORAZO インタビュー記事 2014]

9月23日に新曲を発表したNORAZOのバンドEvolution No.7(略してEvo.7)のインタビュー記事が出ました。メンバー紹介とバンドとしての方向性などについて主にチョビンが語っています。 拙い訳ですがご紹介いたします~。

stardailynews(ホーム)>ニュース>ピープル>パワーインタビュー
 [インタビュー]「NORAZO」Evolution No.7、『渾身の力を振り絞って走って行きます』
愉快な二人の男に五人の男が合わさって幻想的な七人の男がくり広げる楽しい音楽
 
2014年 10月 01日 (水) 10:47:45 パク・ピョンジュン記者
 
sEvo71001インタビュー記事その1.jpg
▲ NORAZO Evolution No.7 ⓒ노라조 프로덕션

[スターデイリーニュース=パク・ピョンジュン記者]韓国で人々を最も「おもしろく」させる二人の男NORAZOのチョビンとイヒョクが5名の新しい仲間たちと一緒に本物の「ロックスター」の道を歩くためバンドを結成した。

その名もNORAZO Evolution No.7

これまで「Happy Song」、「死生決断」、「スーパーマン」、「愛の歌(サランガ)シリーズ」、「鯖」、「兄」、「ロックスター」、「屋台」、「赤い日(祝日)」、「カレー」、「野生馬」、など数多くのヒット作を産み出し全国のどこにでも登場するだけであらゆる人々を楽しくさせてしまうNORAZOが最近NORAZOプロダクションを設立した。より深い音楽的な歩みを披露する「プラン」のファーストステップ、Evolution No.7は従来の「NORAZOロックスピリッツ」のエキスだけを「チューッ」と抽出した7人組ロックバンドだ。

ラジョはイブがジョッタ(良い)」と言っていた彼ら、歌だけでなく音楽までライブで戻ってきたNORAZO Evolution No.7の話を聞いてみた。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

【記事訳】『ポーラーベアーズ チョビン、僕の投球の持ち味は相手チーム撹乱』 [NORAZO インタビュー記事 2014]

芸能人野球 一般フォト
ポーラーベアーズ チョビン、僕の投球の持ち味は相手チーム撹乱 
記事入力 - 2014.07.08( ハンスター | カン・ミノク記者 )

조빈-334x500.jpg
ポーラーベアーズ歌手NORAZOのチョビン

「ハンスター=カン・ミノク記者」 独特なヘアスタイルと楽しいダンス音楽で愛されている男性デュオNORAZOのチョビンがマウンドに登った。

7日『多文化家庭と共にする』第6回ハンスター芸能人野球大会の第5ラウンドの第一試合目はイギスとポーラーベアーズが対戦した。(京畿道楊州 白石生活体育公園)
   

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【過去記事訳】文宣隊員チョビン [NORAZO インタビュー記事 2014]

最近すっかりハマってこのブログでもくどくどしく紹介しているドラマ「応答せよ1994」では登場人物の一人が軍隊に行ってくる姿も描かれています(14話、16話、17話)。それがちょうどNORAZOのチョビンと同じ頃に入隊という設定なので、ふとNORAZOのチョビンの過去記事を思い出し訳してみました。
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【NORAZO記事訳】[インタビュー] NORAZOと一緒に、叩いて打って無限商社! [NORAZO インタビュー記事 2014]

久しぶりにNORAZOの記事訳をしてみました。モバイルゲームとコラボしたようです~ゲームのことはよくわからないのでとても拙い訳です^^ ゲーム名の「치고박고 무한상사」もここでは一応「叩いて打って無限商社」と訳しましたが、これでいいのか自信ありません。

[インタビュー]ストレス吹き飛ばしてくれるスッキリゲーム!NORAZOと一緒に、叩いて打って無限商社!

チャン・インソン記者 
2014-04-25 11:32
 

毎週絶え間なくあふれるモバイルゲーム業界で生き残ろうするなら、コンテンツと面白さだけではちょっと物足りません。モバイルの草創期ならわかりませんが、売上の上位圏を狙う最近のモバイルゲームは基本的な完成度と面白さを備えた状態で出ているからです。結局興業のためには熾烈な広報戦略とマーケティングが必要な時期になったという意味で、それほどモバイルゲーム市場が産業の軌道に乗り始めたという意味にもなります。

他者との差別化となる広報のためにはそれこそ可能なあらゆる手段を動員しなければなりません。ゲームの面白さや特徴を前面に立てるのもいいですが、大衆の人気を集めて回る芸能人やモデルも広報やマーケティングの立場からはよい選択でしょう。そのためゲーム業界で仕事をすると芸能人に時々会うようになります。

ただ芸能人やモデルのマーケティングはゲーム会社の立場からすると注意しなければならない部分が多いです。短い時間にゲーマーたちの視線と関心を引きつける長所があるといえども、物足りないゲームのコンテンツと面白さを露出や広報で取り繕おうとしているとゲーマーたちの批難を受けることもあるからです。

どちらにしろ広報とマーケティングの主な目的はゲーマーたちの関心を誘導することなので、普通は男性ゲーマーたちの視線を掴むことのできる美人芸能人やレーシングモデルを起用する場合が多いです。なのでPNIX GAMESが広報モデルにロックグループ「NORAZO」を選んだと連絡を受けた時、一瞬危惧の念がよぎったりもしました。

sその1i3095499916.jpg
  

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
NORAZO インタビュー記事 2014 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。