So-net無料ブログ作成

チョン・ドンハ プファル脱退 ソロへ [Boohwal 関連記事]

昨夜の時点では夢にも思っていませんでした。まだ悪い夢を見ているような気がしますが、多くの記事を目にしてこれは現実なのだと思えてきました。そして美しい決断をしたプファルとドンハ君のこれからを暖かく見守る立場にいるのがファンなのではと、だんだん落ち着き自分に言い聞かせるようになってきました。

今朝、この情報を知った時はショックで、悲しくて、寂しい気持ちでいっぱいでした。これまでのプファルの歴史を振り返るといずれこうなることは予想できましたが、ドンハ君に限っては違うだろうとどこか思い込んでいた部分もありました。でも更なる高みへ挑戦したいという強い気持ちがこの道を選択することになったのでしょう。次第にこの事実を受け止め、お互いが良い方向へ進むことを祈る気持ちへと変わってきました。

思えば、昨年のファンミでドンハ君が今の自分の気持ちを代弁する選曲をしたと言って歌った曲が「飛翔」や「友よ君は知っているか」だったことも、既にこのことを暗示していたのかも知れません。たまたま一つ前の記事で今朝「友よ君は知っているか」の歌詞訳をアップしたのは本当に偶然でしたが何か私の中にも無意識の予感があったのでしょうか。

ファンミの最後の曲の「飛翔」で「長い間すぼめていた翼を広げ大空へ羽ばたきたい。もう逃げない、新しく始めたい」と訴え、アンコールの「友よ君は知っているか」では「花開く時には痛みが伴い、美しさのためには涙が必要だ」と歌っていたドンハ君の思いが今になって心に浸みるようです。

拙い訳ですが関連記事を二つご紹介します。
 

チョン・ドンハ脱退、プファルエンタ公式立場「美しい締めくくり」

2014-01-03 11:11
etoday ユ・へウン記者

s450脱退記事.jpg
▲チョン・ドンハ(写真=liveandcompany)


歌手兼ミュージカル俳優として活躍しているチョン・ドンハがグループ復活(プファル)を離れる。

プファルエンターテインメントは3日午前「プファルとチョン・ドンハが過ごしてきた8年間の旅程を終える」と言い「昨年12月31日の莞島での最終コンサートを最後に8年間の歩みの仕上げに合意した。」と公式立場を明らかにした。続いて「プファルは美しい翼を成したチョン・ドンハにより高く羽ばたけるよう祝福を伝え、チョン・ドンハもまたプファルの9代ボーカルとしてその名誉を胸に抱き歴代ボーカルの歩みに参加することを約束した」と伝えた。

チョン・ドンハは2005年プファルに合流し10集「抒情」から2012年の13集「Purple Wave」まで4枚のアルバムに参加した。専属契約が満了したことにより独り立ちを決心した彼は現在ミュージカル「ヨセフ・アメージング」に出演している。

今後チョン・ドンハは当分ミュージカルに専念する予定で、プファルは暫定休止に入り新しいボーカルを迎え入れる話し合いをする。

◆記事原文↓
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=847420


もう一つ記事訳です。
この時のテウォン氏の意味深な文が今になってそういうことだったのかと…

東亜ドットコム>放送/芸能>放送/芸能一般
「プファル」キム・テウォン チョン・ドンハ脱退言及?『もう一度始まる…』
記事入力2014-01-03 10:20:00

東亜記事.jpg
写真提供=プファルエンターテインメント


グループプファル(復活)のボーカルチョン・ドンハが脱退する中、プファルのリーダーキム・テウォンが残した文が話題になっている。

プファルのキム・テウォンは1日自身のファンコミュニティに『もう一度始まります。我々は。いつか我々の何かが誰かの偉大な糸口になりえることをいつも祈りながら。あの、復活という名前で愛しています。』という文を残した。

このあと3日にチョン・ドンハがプファルを脱退するという報道が出て当時のキム・テウォンの文がチョン・ドンハの脱退を言及していたのではないかという憶測が出ている。最近チョン・ドンハは所属事務所のプファルエンターテインメントとの専属契約が満了し再契約をせずプファルを脱退することになった。

2005年プファルの9代ボーカルとして合流したチョン・ドンハはプファルを脱退することによりソロ活動とミュージカル俳優として活動すると発表した。チョン・ドンハが脱退した後のプファルは休止期に入り新しいボーカルを迎えると伝えられた。

これにネットユーザーたちは「チョン・ドンハのプファル脱退、残念なニュースだ」、「チョン・ドンハのプファル脱退、惜しい」、「チョン・ドンハのプファル脱退、どうして脱退するのか気になる」、「チョン・ドンハのプファル脱退、ソロに転向するの?」、「チョン・ドンハのプファル脱退、これからも応援する」などの反応を見せた。

記事原文↓
http://news.donga.com/3/all/20140103/59944637/1

◆テウォンさんの文↓
1月1日にテウォンさんのゲルとプファルのDaumカフェプサモに出ました。

또 . 다시 시작됩니다 .저희는.....언젠가 우리의 그무엇이 그누군가의 위대한 실마리일수있기를 늘기도하며................저 ! 부활이라는 이름으로!!!사랑합니다................!

<日本語訳>
また。再び始まります。我々は.....いつか我々の何かが誰かの偉大な糸口になりえることをいつも祈りながら................あの!復活という名前で!!!愛しています................!


nice!(0)  コメント(16) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 16

コメントの受付は締め切りました
えり

花かんざしさん

こんにちは。

ドンハ脱退のニュース びっくりでした。
私は昨年の7月末頃からファンになったので
ドンハがいる復活のコンサートに行ったことありません。
本当に残念でなりません。
私もショックで、悲しくて、寂しい気持ちでいっぱいです。

でもテウォンさんがドンハにもっと羽ばたけ!頑張れ!と
言って「美しい脱退」となったのでしょうね。

ドンハがいる復活のコンサートはもう行くことができませんが
復活もドンハも応援して行こうと思います。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。


by えり (2014-01-03 14:42) 

siawase

何んと言っていいのか・・・

プファルの音が好きで・・ボーカルであるドンハさんの声が好きで・・・

品川が初めてのプファルのコンサートで今年はまた日本で逢えると

信じていたのですが・・・・

私もドンハさん復活も応援していこうと思います。


by siawase (2014-01-03 18:32) 

うりぼう

納得しようとしては、また落ち込んで、でも双方のために応援を続けようと前向きに考えてはまた、どよ~んとします。
わかっているのです。世は無常、変わらないことはないのです~~~(>_<)でも、でも、でも。
自分が行けないにしても、脱退発表→ラストコンサート→現状のプファルとのお別れ、という段階を踏めば、ファンは納得できるのに、と。この突然の、それも12月に満了してました、みたいな発表に、私は今日はクラクラです。韓国芸能界の不可解なところ・・・・。

ドンハくんのことも、プファルのことも応援していくだろうと思います。
でも、テウォンさんの美しい歌を、これから生まれる歌を、ドンハくんの声で聴くことがないのだという事実が心から残念。
残念で、今は悲しいです。
4人でリラックスして楽しそうにライブしている姿がとても好きでした~。
プファルの新しいボーカル含め新しいプファルも、ドンハくんのこれから歩む道も、また新たな気持ちで応援できる心境に早くなりたいです。
by うりぼう (2014-01-03 21:33) 

kero

久しぶりにPCに向かい、まずは韓流ニュースでもチェック・・・と思ったら、真っ先に目に飛び込んできたニュース。
すごく衝撃的で、そして花かんざしさんはもうご存知かしら、大丈夫かしらと思いました。
きっとメンバーの皆さんが深く考えて、美しいというか潔いというか・・・そんな結果なのでしょうね。
花かんざしさんも、時々思い出しては寂しくてたまらないこともあると思います。
でも、少し時間はかかっても、いつか本当に明るい気持ちでプファルとドンハ君の活躍が嬉しくなる時も来ると思います。
たまには本音で寂し~い!って文句を言ってもいいと思いますので(^^;  いつまでも応援してあげてくださいね。
by kero (2014-01-03 21:37) 

まりりん

あ・・・やっぱり・・って思います。 私のプファルのボーカルはドンハさんであったのでさびしいです。
いままで何人ものメンバーを送りだしたテウォンさんがつらくないのかなって心配です。でも、慣れているのかな・・プファルを栄養にミュージシャンを育てていると思っているのかな・・これがきっかけでプファルに暗い時代が来ませんように・・
ファン歴半年の私はクライマックスだけ見てきたんですね・・(T_T)
しばらく ぼんやりしそうです。
by まりりん (2014-01-04 19:50) 

花かんざし

えりさん、こんばんは!
コメントありがとうございます~

この前のファンミに参加した時、トーク部分でちょっと無駄が多かったせいか
歌が沢山聞けるコンサートに比べて、実は少し物足りなさを感じていました。
やっぱりプファルの公演に行きたい。
今度は是非4人で公演をしに来て欲しいと思いました。

しかしその夢は消えてしまいました…
この気持ちをどこへ持って行けばいいのでしょう…
とても残念ですが...
旅立つ方も、見送る方も苦しい決断をしたのだと思います。
その決断を尊重してこれからも応援したいと思います。

by 花かんざし (2014-01-05 00:14) 

花かんざし

siawaseさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

プファルの音楽の表現者としてドンハ君の声がとてもよく調和していたと私も思います。
「センガギナ」を始めとする10集以降のプファル曲を
これから決まる新しいボーカルの別の声で聞くことになるのかと思うと
なんだか寂しくなりますね。

プファルの第2の全盛期と言われていた時の日本初公演を実際に見て
応援出来たことを幸運だったと感謝して
美しい思い出として大切にしまいたいです。

新しい道を歩むドンハ君も
これから新しいボーカルを迎えまた歩み続け続けるプファルも
応援していきたいです。

by 花かんざし (2014-01-05 00:15) 

花かんざし

うりぼうさん、こんばんは~
コメントありがとうございます~

昨日からのめまぐるしい展開にもうついていけません><
特に夜に気が付いた公式ファンクラブは理解に苦しみます。
昨日の昼間にはなかったのに、夜、突然の出現にビックリしました。

ファンミが終わっても年末年始の忙しさの中で後回しにしていたのが
年が明けてやっとゆっくりとその余韻に浸ろうかと思った矢先のこの報道。
だんだん年齢を重ねて安定志向になっている私にはどうして?という思いがしますが、
若いドンハ君にしてみたら居心地の良い環境よりもあえて困難な道へと進むことで
もっと自分の可能性を試したい所もあったのかなという気がしてきました。

ミュージカルは元々歌の表現力を極めるために始めたはずなのに
今は演技の魅力にもすっかりはまっているようで~
かなり厳しく険しい道だからこそもっともっと挑みたいのかも。
あくまで私の想像ですが、

これからそれぞれが違う活動をしていくわけで
応援する方も忙しくなってくるかもしれませんね~
どんな形で応援することになるのか
その辺もまだこれからですね。

by 花かんざし (2014-01-05 00:15) 

花かんざし

keroさん、こんばんは~
お久しぶりです~コメントありがとうございます~^^

私も昨日の朝、お友達からの情報で知ったのです~
すぐ韓国ニュースサイトを確認して衝撃を受けました。

結婚報道の時は韓国サイトのニュース報道とほぼ同時に
ドンハ君自身のコメントも韓国のファンサイトにも出たのですが、
今回はそれもなくて。
テウォン氏は意味深なコメントを残しておられましたが…

今はまだ茫然としているのですが、
やがて新しいボーカルを迎えたプファルが
新しい色で演奏しているのを見たら寂しくなるのだろうなと思います~

でもこれまでもそうやって続いてきたバンドですし~
その時にならないと分からないです…

by 花かんざし (2014-01-05 00:16) 

花かんざし

まりりんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます~

以前何かのインタビュー映像で
テウォンさんがプファルは「家」でボーカルは「入居者」だと表現していました。
また別のインタビューでも
ボーカルが出たいと言えばそうするし、一緒にしたいといえば一緒にする。
これまでずっとそうしてきた。と言ってた事を思い出します。
でも、一番長い時間を共にしてきたボーカルですし
プファルにとってもテウォンさんにとっても大きな打撃だと思います。
大切に育ててきた秘蔵っ子を外に出すことはかなりの勇気と決断が必要だったのでは。
遠くから見ているだけなのでよくわかりませんが。
本当に寂しいですね~
でもまた新しいボーカルを迎え新しいカラーでプファルは続いていくと思います~
ずっと見守りたいですね~
昨年、品川で最高のステージを楽しめた事を感謝したいです。

by 花かんざし (2014-01-05 00:17) 

はな

一瞬茫然!胸がどきどきしています。
この前新年のご挨拶とファンミの感想を書いて、旅に出てました。
今開いて見ました。

ファンミがあったばかりですから、花かんざしさんはじめみなさんもショックですよね。
この記事の前に「友よ君は知っているか」の歌詞訳を載せてくださったこと、ふしぎな気がします。
そして「飛翔」も歌ったこと、彼の胸のうちを語っていた、ほんとうにそう思えます。

プファルにいて人生の先輩に囲まれ、キム・テウォン氏の美しい曲の数々を歌ってきたからこそ今のドンハ君がある、と思っていました。
だから、プファルの活動を中心に、あとはミュージカルぐらいに留めてなんて勝手に思ってました。
彼の歌で「飛翔」のイム・ジェボム氏、「雨のように歌のように」の故キム・ヒョンシク氏を知って、彼が歌の師と仰ぐ二人の歌声に私もとても魅かれ聴くようになりました。
彼の感性に共感というか、感嘆していました。

これから、どんな歌を歌っていくのでしょう。
魅力的な声で、どんな個性を見せてくれるのでしょう。
テウォン氏が、きっと彼の可能性を信じて暖かく飛び立たせてくれたようですね。

ドンハ君の今後も応援し、新しい出発となるプファルも応援していきたい、、、
といっても、まだまだ複雑な思いです。






by はな (2014-01-07 00:20) 

miku

はじめまして 初コメントです。
4年前からプファルとドンハくんを応援してます。 花かんざしさんがプファルを上げてくれた時は本当に嬉しかったです。
今回の件でびっくりしてのこのこ出てきました。

初めて生ドンハくんを見た12月のファンミ、いろいろな思いがあったんですね。 私も皆さんと同じで複雑な思いでしたが、最近は今の人気がどうなっていくんだろう と心配になってます。  私が心配してもしょうが無いですが。。。

ただこれからもプファルとドンハくん両方を出来る限り応援していきたいです。

花かんざしさん、素敵なブログで楽しませていただいてるのにいつも読み逃げでスミマセン。
これからもプファルとドンハくん情報よろしくお願いします。楽しみにしてます。

ちなみに、ファンミの当たり券、家に着いてから気付きました。。。。
by miku (2014-01-07 06:51) 

花かんざし

はなさんこんばんは~^^
コメントありがとうございます~☆

元旦の記事にはなさんからコメントを頂いて
それに返事を書いている時は数時間後に思いがけない展開が待っていることを
全く予想していませんでした。

結婚は嬉しいニュースでしたが、
こちらはずっと重くてなんだかとても寂しい気持が強いです。

でもプファルの歴代ボーカルの一人として
今後もプファルメンバーとのコラボの可能性もゼロではないと思いますし、
特に今年はプファル30周年ですから特別なこともあるのかなと
楽観的に考えたりもしています。

ドンハ君には自分でも気が付いていない部分がまだまだありそうですし
可能性を信じ貪欲にチャレンジして自己の開拓と発見を究め
ますます素敵な姿を私達に見せてほしいですね☆

プファルも新しいボーカルの合流が期待されますし、
同じ曲でもまた別の雰囲気で聞かせてくれることになると思います~
どちらにとっても恵みの多い一年になるといいですね~♪♪

by 花かんざし (2014-01-07 17:53) 

花かんざし

mikuさん、はじめまして!
ご訪問とコメントありがとうございます。

4年前から...ずっと長く応援してこられたのですね~
昨年から日本のファンにとって嬉しいことが続きましたが、
ここにきて急展開ですね。

プファルとドンハ君がそれぞれの道を歩みだし、
それぞれに日本の公式ファンクラブができるという状況に
驚きとどこか空虚さもあって
本当に複雑な気分です。

ところで!
ファンミのツーショット写真に当選されていたのですか!
ご帰宅後に気が付かれただなんて~~
本当に残念でしたね~~~
購入された時には当選の確認方法について説明がなかったのかしら?
夏の時は、購入後に周囲の皆さんからタオルの中に当選だったら当り券が入っていると教えていただき、中のタオルを広げて何にも入ってないことを確認しましたが…今回私はグッズを購入しなかったもので...
次にリベンジのチャンスがあるといいですね~

これからもマイペースで更新を続けていきますので
どうぞよろしくお願いいたします~♪

by 花かんざし (2014-01-07 17:54) 

みち

花かんざしさん、、昨年は7月12月と本当にお世話様でした。 それにいつも細やかな情報を上げて下さって感謝しております。 
今年は新年そうそう衝撃的でしたが、まあどんな形にせよ動いていくのは確かだし日本で応援している我々のことはご存じなのだからいい方へ向いていくと信じております。ドンハ君がミュージカルに参加したときからやはりね、という思いはします。 悪い意味ではなくやはりミュージカルの魅力というのは特別なんではないでしょうか>   演じること 歌うこと 作り上げていく事、 ミュージカルをやる人は大変だと思いますがみなさん続けられますよね。 本腰をいれないとやはり難しいのかなとも思います。
2004年のドンハ君の少し前からプファルを聴いてきましたが 1つの時代が終わり次の時代に突入できればそれはそれでまた楽しいことだと思います。 花かんざしさんもお読みになったテウォンさんのご本も私にとってはいい刺激でした、あんなに1冊の本を読みこんだことは受験勉強でも無かったですので~~~     そして何よりも皆様とお知り合いになれたことが大きい幸せと感じています。
 スタッフの皆様はまた違ったお気持ちだとおもいますが、歴代のボーカルの方を含めプファルは最高!!
これからもよろしくお願いいたします。
 お元気でお過ごしくださいませね、
by みち (2014-01-08 12:06) 

花かんざし

みちさん、こんばんは!
コメントありがとうございます~
お返事が遅くなってすみません><

衝撃発表から一週間ですね~
そして明日はドンハ君の結婚式!
公私ともに新しい道を進んでいくドンハ君をこれからも
変わらず応援したいです~

おっしゃる通りミュージカルは奥の深く難しいけれど、
とても魅力的で一度味わったら忘れられない大きな喜びもあるのでしょうね。
決して片手間ではこなせない部分が多そうです。一人ではなく皆で作り上げるものですしね。もっと専念したいのでしょうね~

みちさんはnever ending storyからプファルを応援なさっておられましたよね~
ドンハ君の加入前からずっとプファルの変化を見つめておられた訳で
これから新しいボーカルを迎えて新しい色で復活するのでしょうね~
10代目ボーカルは誰になるのか?こちらも楽しみになってきました。
そういえばシナウィも最近ボーカルが新しくなったのでしたっけ。

昨年は2回も企画できて充実した一年になりました~
みちさんにもお会いできてよかったです~♪♪
これからもどうぞよろしくお願いいたします☆

by 花かんざし (2014-01-10 18:12) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。